人の言葉をそのまま信じてしまうと、トラブルにあうことも増えます。人の価値観はそれぞれ違い、思ったことをそのまま言ってしまう人も思慮深い人もいます。人間関係が複雑になると利害や勘違いが絡むことも増えるため、言葉の裏を読むことが大切なケースも増えるのです。

ただし、言葉の裏を読みすぎることにはメリットとデメリットがあります。デメリットばかりが強くでて自分が信頼されなくなるケースもあるため、考えた上でコントロールすることも重要になります。

メリット

1.主なメリットは騙されることが減ること

主なメリットは騙されることが減ること

一番大きなメリットは、言葉の裏を読むことで騙されることが減ることです。言葉の裏を読まなければ自分が不利な立場に追い込まれることも多いのです。プライベートに限らず、仕事上の行き違いが成果に大きな影響を与えることもあります。言葉の裏を読み、自衛をすることも大切です。

2.思慮深さをアピールできる

思慮深さをアピールできる

言葉の裏を読むには時間がかかります。即断即決する姿勢が魅力に見える場合もありますが、余りに判断が早いと信頼性が薄れるシーンがあるのも事実です。裏を読み、リスクを考えることが思慮深さと結びつくケースがあるのです。特に経営などに関わる重要な仕事は、言葉の裏を読む慎重さが大切になります。

3.心理的なダメージに強くなることができる

心理的なダメージに強くなることができる

人の言葉の裏を読むということは、何かしらのトラブルに巻き込まれても備えられるということでもあります心理的なダメージに対して強くなるために言葉の裏を読むのは自然な行為です。
人を信じて衝突することが多い場合は、言葉の裏を読むことも重要になってきます。

4.付き合うと気づきをくれることがある

付き合うと気づきをくれることがある

人の言葉の裏を読む人は、言葉の使い方に敏感なケースが多くなります。さまざまな視点から物事を見ることができるのも特徴で、特に反対意見やデメリットを見つけ出す能力に長けています。意見を聞くことで視界を広げるきっかけをくれることもあるため、一人は知り合いにいた方がプラスになることもあるのです。

5.関係性の分散にも役立つ

関係性の分散にも役立つ

人は自分と似たタイプの人と付き合う傾向があり、いわゆる「気が合う」の根拠になっています。しかし、似たような人ばかりと付き合っていくと発展性がなくなりがちで、人脈の構築面では弱くなってしまうこともあります。

自分が言葉の裏を読みすぎる場合は人の言葉を信じる人、人の言葉を信じてしまうなら裏を読む人と繋がりを持つのも方法です。最低限でも繋がりがあれば、それがいざという時に役立つことがあるからです。転職などの重要な場面で、いつもと違う人脈を頼ることがプラスになることもあります。

6.情報の処理能力が上がる

情報の処理能力が上がる

言葉の裏を読むほど、頭の中で必要な情報の処理量が増えます。さまざまな情報を紐づけて考えることは頭の体操になり、自分の成長に繋がることがあります。
常に言葉の裏を読んで正解を出せるとは限らないため、読み取る精度を上げる意識をもてばそれだけ能力向上に繋がるのがポイントです。

7.人間関係の制限にも役立ってくる

人間関係の制限にも役立ってくる

言葉の裏を読みすぎる人は孤独になりがちです。一見デメリットにも見えますが、その分自分のために使える時間が増えるというメリットがあります。他人の協力が不要な業務で能力を発揮するケースも珍しくなく、人間関係が制限されることで人生が豊かになる場合もあるのです。

友人が多い方が幸せとは限らないため、信頼のハードルをあげて自衛しつつ、自分の能力を生かしていくのも方法になります。

8.常に人と距離を置くことができる

.常に人と距離を置くことができる

言葉の裏を読めば読むほど、人と距離ができることが増えることになります。危険が多いベンチャービジネスや、働くうちにブラックとわかってきた企業と距離を起きたい場合、言葉の裏を読むという特性が役に立つことがあります。

人と距離をおける分簡単に縁を切ることができ、トラブルに巻き込まれることも減るからです。仕事やプライベートに十分な注意を払っていても、周辺の環境や上司や経営者が代わることでうまくいかなくなることもあります。

デメリット

9.デメリットは相手を疑うのが前提になること

デメリットは相手を疑うのが前提になること

言葉の裏を読みすぎると、相手を傷つける結果になることも増えます。これは相手の言葉を疑うことになり、結果的に否定することが増えるからです。裏を読みつつ丁寧に着地させる難易度は高く、言葉の裏を読むことで嫌われやすくなる理由にもなっています。疑われることになれていない人もいるため、人間関係が破壊される理由となることもあります。

10.コミュニケーションに時間がかかりがち

コミュニケーションに時間がかかりがち

言葉の裏を読む人はそれだけ思考にも時間をかけがちです。急いでいる時に待たされるのは相手にとっての苦痛になりえます。確実性が求められ、言葉の裏まで読むことでプラスになる場面と、正確性よりもスピードが求められる場面は違います。働く場所や相手とのかみ合わせによっては能力を発揮できず、ネガティブな評価しか受けられない可能性があるのです。場面に応じて、思考を早めに切り上げることも求められます。

11.根拠なく裏を読もうとすれば矛盾が生じる

根拠なく裏を読もうとすれば矛盾が生じる

言葉の裏を読むことは自衛に繋がりますが、根拠なく言葉の裏を読む場合は注意が必要です。自分の不安を生めるためだけに言葉の裏を読み初めてしまうと、自分の出した結論や推測に矛盾が生じるケースが増えます。自分の中だけの矛盾であれば問題ないものの、企業や人が関わるとルールに違反することが問題になる場合があるため注意が必要です。根拠がなければ説得力にかけるため、自分の評価を落とすだけになりかねないのです。

12.人からの信用を得にくくなる

人からの信用を得にくくなる

自分が人を信用しないということは、相手からも信用されるチャンスを失うということです。理性的な対話を求める人がいる一方、感情的な関係を求める人もいます。感情的な人は仕事ができないとは限らないため、社会で働く場合はうまく折り合いをつけなければならないポイントになりますまた、恋愛関係でも衝突の理由になり、自分が疑われる立場になりかねないことにも注意が必要です。

相手を信じる姿勢を見せない限り、相手の納得を引き出せない可能性がでてくるためです。自分を最優先にしていいのか常に考える必要があります。

13.同じタイプの人が集まりやすくなる

同じタイプの人が集まりやすくなる

自分が言葉の裏を読むことが得意なことと、そういった人と付き合ってストレスがかからないかは問題が別です。話が合うと思って交流を広げてみると、相手も言葉の裏を読む癖があり、すれ違いが生じるということがあります。

特に他人の言葉の裏を読んで攻撃するようなコミュニティに入ると、ふとした拍子に自分が叩かれる側になりかねないことにも理解が必要です。求める思考のレベルなどにも違いがあるため、付き合う人間を選ぶ手間が増える傾向があります。裏を読みすぎると交流自体ができないこともあるため、バランス意識も重要になってきます。

14.仕事で上司と衝突する原因になりやすい

仕事で上司と衝突する原因になりやすい

言葉の裏を読むことが役に立つことがある一方、仕事をしていると上司と衝突する可能性も高くなります。

頭の回転が速いことを評価してくれる上司は少数派で、従順で命令に従うことを優先する上司が多いからです。実力優先で合理化が進む企業では結果を出せば問題ないものの、それ以外の企業ではチームワークの良さや従順さが評価対象になりがちなことに注意が必要です。

15.部下にも嫌われやすくなる

部下にも嫌われやすくなる

言葉の裏を読むと、相手の不出来な部分が見えやすくなることがあります。部下を持った上で言葉の裏を読みすぎると、粗探しばかりする上司と見られがちな点に注意が必要です。粗が見えたら叱責するのではなく、業務フローの見直しやどのようにカバーするかを考えないと人望が失われることが増えます。仕事を辞める部下が相次げば自分の評価にも影響が出始めます。

16.ダブルスタンダードにならないようにするのが難しい

ダブルスタンダードにならないようにするのが難しい

職務、プライベートに限らず、言葉の裏を読む場合は相手との関係性が重要になります。注意したいのは、それを見ている人がいるかどうかです。上司の意見はすんなり受け入れるのに部下の発言は疑っていることがわかれば、ダブルスタンダードになりかねないからです。SNSなどの発信にも注意が必要で、無意識の使い分けで人が離れるケースもあります。

17. 知らずに人を傷つけていることも多い

知らずに人を傷つけていることも多い

言葉の裏を読めば、相手はしっかりと自分を受けとめてくれるという感覚を得にくくなります。ビジネスでの付き合いであっても、精神的に傷つくことがあります。知らずに相手を傷つけてしまい、それが人間関係のトラブルになることも多いのです。傷つけるだけでなく、恨まれる原因になることもあるため注意が必要です。

18.悪評の原因になることも多い

悪評の原因になることも多い

人を傷つけやすい特性を持っていれば、悪評を流されるなど、トラブルに繋がることが増えるということでもあります。悪評などをゼロにすることは不可能なため、ある程度割りきりが必要な部分です。態度を改めるか、結果を出すための工夫をするか、考えた上で行動する意識が大切です。結果を出せなければ口だけの人間と見られることになります。

19.人脈構築を考えると障害になるケースが多い

人脈構築を考えると障害になるケースが多い

人脈の構築を考えた場合、言葉の裏を考えすぎることがマイナスに作用します。完璧な人間は存在せず、選別しようとすればするほど時間がかかります。信頼性を重視した結果、狭いネットワークになるとできることにも制限がかかることに注意が必要です。ある程度リスクを承知で相手の矛盾を追及しないようにするなど、人脈構築時は効率を意識することも大切になります。

20.自分が病んでしまう人も多いことに注意

自分が病んでしまう人も多いことに注意

言葉の裏を読みすぎてしまうと、人と信頼関係を築くことが難しくなります。孤立することで精神的に病んでしまう人も珍しくなく、仕事上のトラブルになる場合もあります。チームワークが必要な職場では特に障害になりやすい特性のため、人の言葉を信じるようにする歩みよりが重要になる場合もあるのです。裏を読むメリットとデメリットを比較し、環境にあわせてバランスをとる意識も大切になります。

まとめ デメリットのコントロールが重要になってくる

言葉の裏を読む性格は、自己防衛の意味ではプラスになる場合があります。一方で、集団で行動する場合はトラブルを招きやすく、自分コントロールする意識がなければデメリットが強く出がちになります。

仕事やプライベートなどで求められる人物像は違うものです。目の前の小さなリスクを回避するためにより大きなトラブルの種を作りがちなため、バランスを意識しながらコントロールすることが重要です。