ナルシシズムとは自分に陶酔している状態。ナルシシズムのもともとの語源はギリシャ神話にあります。類稀なる美少年と呼ばれたナルキッソスは、自分のあまりの美しさに陶酔し、水面にうつる自分の姿に見惚れた、これがナルシシズムの語源です。

ナルシストとは現在ではもともとの語源とは少し離れた使われ方をしています。典型的なナルシストというと、「自分に陶酔している」、「自意識過剰」、「演出がかったオーバーな言動をする」人を思い浮かべます。

またナルシストというと、男性が多いような気がしますが、もちろん女性のナルシストも存在します。男性にしろ女性にしろ、ナルシスト的な言動が多い人は端から見ると非常に滑稽に映り、本人の知らないところで話のネタにされていたり、笑われている可能性があります。

ナルシスト的な言動の特徴や心理状態を知ることにより、ナルシストにならない秘訣を掴みましょう。女性のナルシストは男性からだけではなく、同性からも勘違いしていると嫌われます。

男性のナルシストもまた厄介な存在、自分至上主義だったり、自己中心的だったりで、付き合う相手として勧められるタイプではありません。そんな周りにいると厄介な存在である「ナルシスト」の特徴や典型的な行動パターンをまとめてみましょう。

PR

ナルシストは自意識過剰

ナルシストは自意識過剰

ナルシストの特徴は自意識過剰なこと、何一つ根拠がないにも関わらず、自分は人から注目されているという勘違いをしています。自分を意識しすぎているせいで、不自然な行動やオーバーリアクションが多く、周囲の人を辟易させてしまいます。

有名モデルでも俳優でもないのに、自分の一挙手一投足に誰もが注目していると考える人は、まず間違いなくナルシストです。異常なまでに自分の持ち物や服装に気を配ったり、頻繁に鏡で自分の姿をチェックするのはこの考えの表れといえます。

自分に自信がある

自分に自信がある

ナルシストは自分のことを非常に高く評価していますので、どんな状況にあっても、自分は人に好かれていると自信満々です。根拠のない自信というのは欺瞞的であり、本人以外の人からは単なる「勘違い」と思われるだけです。

ナルシストにもいろいろなタイプがあり、容姿やスタイルに自信がある人もいれば、自分のことを面白いと思っている人もいます。他にも自分のことをリーダータイプだと思っている人や何事にも秀でた才能の持ち主と自負している人もいます。自分に対する圧倒的な自信で、周囲の人に不快な思いをさせることが多く、敬遠されることもしばしばあります。

女性のナルシストの場合

女性のナルシストの場合

男性のナルシストが自分のことをかっこいい、もてると思っているのと同様、女性のナルシストは自分のことをきれい、可愛いと思っています。実際に可愛いかどうは別にしても、自分で自分のことを可愛いと思っているのは、非常に損なこと。男性はともかく、同性からは絶対に嫌われます。

似合わないのにモデルや女優の着るような服装をしてみたり、私のほう見てたでしょ的な視線を浴びせる人もいて、自分では気がついていないにしろ、周囲の人からは必ず冷たい視線をかけられています。

男性のナルシストの場合

男性のナルシストにもいろいろなタイプがありますが、もっとも典型的なのが「オレ様」状態な人です。他人には理解できない世界観を持ち、自分中心の考え方をします。他の人は自分に合わせて当たりまえと考えているので、傲慢な態度を取りやすく、人に嫌われる原因になります。

決まり文句や演出の入った行動が特徴

決まり文句や演出の入った行動が特徴

漫画や映画の主人公のような決まり文句をトレードマークにしていて、周囲の人からは呆れられます。自分では決めているつもりでも、端から見るとつまらない人ということになりますので、このような言動は固く慎みましょう。

かっこいいよりも面白いに重点を置いているナルシストは、さらに始末に終えません。過去に受けたギャグやネタを繰り返し、自分の話は絶対に受けるということを信じて疑いませんので、周りの人にとってはかなり迷惑な存在になります。

セルフィーを撮るのが大好き

セルフィーを撮るのが大好き

いつでもどこでもセルフィーを撮るのもナルシストの行動パターン。ただなんとなく撮るのではなく、モデルのように演出を入れ、可愛いポーズやかっこよくきめたポーズでセルフィーを撮ります。

またこのようにこだわって撮ったセルフィーを、SNSのプロフィール写真として臆面もなく使用したりします。SNSのプロフィールなどに用いるセルフィーは、ごく平凡なものにしておくほうが無難です。とくに必要がないのに、自分の写真をやたらと公開していると、勘違いしてるとしか思われません。

優越感を抱いている

優越感を抱いている

そもそもナルシストは、自分は一般人とはどこか違うという優越感を抱いています。この優越感がどこから生まれるのかははっきりしませんが、とにかく自分は人とは違う、という意識が強いため、社会通念やマナーに関して、自分だけは例外という態度を取ることがあります。

自分は一般常識の範囲外にあるという態度を見せていると、人から傲慢と思われても仕方ありません。優越感を抱いていると、周囲の人の感情に鈍感だったり、無関心だったりして、思いも寄らない敵を作ってしまいます。

人と違ったファッションを好む

人と違ったファッションを好む

自分は特別と考えるナルシストは、人と同じようなファッションを好みません。モデルや俳優、テレビタレントの着ていた服を着たりすることもありますが、似合っているならまだしもまったく似合っていない場合は、周囲からの失笑を買うだけですので注意しましょう。

女性のナルシストは、年齢にそぐわない服装をしたり、必要以上に露出の多い服装を選ぶことがあります。男性の場合、ナルシストと疑われないようにするには、帽子やメガネなどの小物が奇抜になりすぎないように注意してください。

鏡を見る回数が多い

鏡を見る回数が多い

自分の容姿やスタイルに異常な関心があるナルシスト、特に女性の場合はどこでもいつでも無意識に鏡を見てしまいます。頻繁に鏡を見るのはナルシストの典型パターン、鏡の前で一心不乱にメイクの仕上がりをチェックするのは見苦しいので、必要なとき以外は鏡を見るのは控えるようにしましょう。

もう一つはやたら髪の毛に触ったり、指で髪を払ったりする仕草をすることです。とくに女性は話をしているときに、意図的に髪の毛を振り払ったりしますが、これは見ている人からはあからさまに自意識過剰な仕草としか思われませんので、やめておくほうが賢明です。

自分を過剰評価している

自分を過剰評価している

自分に対する自信にありふれているナルシストは、自分のことを常に過剰評価しています。客観的な判断が出来ないというよりも、する必要さえ感じないといっても差し支えありません。

自分のことを過小評価している人を見るのもイライラしますが、自分のことを過剰に評価している人を見ると容赦出来ない気持ちに襲われる人も多いかと思われます。

謙譲が美徳の日本社会では、自分のことを特別だと思う傲慢な人よりも万事に控えめな人のほうが好まれます。

ナルシストは自己中心的

ナルシストは自己中心的

ナルシストは自分の存在意義にまったく疑いを持っていないため、自分の都合をとにかく優先したがります。立場や場所柄を弁えず、自分の話ばかりしたり、人の話をさえぎる、自分語りが多いなど、自分の言動により迷惑をかけているという意識をもてないのがナルシストの特徴といえます。

ナルシストの性格の根本にあるのは、自分に対する陶酔感。自分では普通にしているのに他の人から見ると、我がままだったり、自己中心的だったりするのはこのことに原因があります。自分の存在が絶対なだけに、相手の都合が目に入りません。

ナルシストな男性を彼にすると

ナルシストな男性を彼にすると、、、

ナルシストな男性と付き合うと苦労することが多いといわれています。ナルシストなだけに、彼女よりももっと外見やスタイルにこだわっていて、彼女を誉めることよりもむしろ自分のことを誉めてくれてと言わんばかりの男性もいます。

デートの際も自分の予定や都合を優先させることが多く、自分の言い分を曲げるということもいないので、交際していくのに楽しい相手とはお世辞にもいえません。

ナルシストは気持が沈まない

ナルシストは気持が沈まない

ナルシストな男性は相手の気持ちを汲むということが出来ません。どんなときにも自分の都合を優先しますので、大人の男性というよりも、体だけ大きくなった子供を相手にしている気にさせられることもあります。

デート中でも自分の話しかしなかったり、相手の気持ちにお構いなく自分の好きなことばかりするのもナルシストの行動パターンです。

ナルシストは自慢話が好き

ナルシストは自慢話が好き

ナルシストは自慢話をするのが大好きです。有名人の知り合いがいるということに始まり、過去にもてた話、自分の容姿のことや職業に関する話など、とにかく自分のことばかり話したがります。

自分語りが多く、他の人に話しをする糸口を与えません。自分が輪の中心にいないと気が済まないというのもナルシストの特徴。会話の内容は、本人が自慢できることか、興味があることに限定される上、相手の話は聞く気がありませんので一方通行。会話というよりも、独りよがりな独白になってしまいがちです。

洋服にお金をかけすぎ

洋服にお金をかけすぎ

自分の容姿や外見を良くすることに興味があるナルシストは、自分の収入に見合わない買い物をします。必要もないのに同じような服を何枚も買ってしまったり、店員さんに勧められると買う予定のなかった服まで買ってしまうこともあります。

またナルシストの場合、実際に似合うかどうかよりも、自分が考えるセルフイメージに合う服や小物を買いますので、実像との乖離が甚だしく、それもナルシストがちょっと滑稽に見える原因になります。

自分のことをモテると思っている

自分のことをモテると思っている

ナルシストは女性でも男性でも、自分は異性にもてると思っています。ちょっとでも目が合うと自分のこと好きに違いないと断定したり、少しでも親愛めいた感情を示されると自分に惚れているに違いないなど、勝手に推測し悦に浸ることもあります。

ひどい人になると、自分の容姿やスタイルに自信があるので、自分のようなタイプの人間はもてて当たり前、もてないほうがおかしいとも思ってしまいます。実際にはもてないのに、もてていると思っている、ナルシストの典型的な特徴です。

勘違いが多い

勘違いが多い

女性のナルシストも男性のナルシストも勘違いが多いという点で共通しています。自分のことをモデルか俳優のように思っている人もいて、歩き方や喋り方もモデルのようです。

すれ違う人みんなが私に注目している、と思ってみたり、どこにいても周囲の視線を感じてしまって困る、というような勘違い状態に陥るのもナルシストの特徴です。

SNSで自分の一挙一動を投稿する

SNSで自分の一挙一動を投稿する

フェイスブックやツイッター上で自分の行動を一挙一動投稿してしまう人も、ナルシストと思って間違いありません。これから仕事!とか、おやすみなさい!など、何でもないことまでいちいち投稿するのはやめましょう。タレントや有名人でもないのに、こんなくだらないことを投稿して、、、と思われておしまいです。

他にも自分の手料理や買い物の内容など、他人からするとどうでもいいことを延々と投稿していると、ナルシストと思われ、自分の知らないところで噂される羽目になります。

派手な言動が多い

派手な言動が多い

芝居がかった言動が多いのもナルシストの行動パターン。誰も待っていないのに待たせて悪かった、みたいな登場の仕方をしてみたり、誰にも聞かれていないのに自分に起こった今日の出来事を逐一語ってみたりと、良く言えば面白い、悪く言えば滑稽な言動を取ることがあります。

いずれも自分に周囲の視線が集中しているという思い込みから生じた行動ですので、周囲からは迷惑な人と思われていますが、なんとなく誰も注意できないのも切ないところです。

まとめ

ナルシストを形容する言葉はたくさんありますが、いずれもあまり好意的なものではありません。自己中心的、我がまま、勘違い、自惚れてる、など、ナルシストは本人たちが思っている以上に人から嫌われているものです。

ナルシストと思われて得をすることは皆無といってもいいでしょう。ナルシストの特徴や考え方、典型的なパターンを知りことにより、ナルシストっぽい言動を避けることが出来ます。

自己中心的な言動で周囲を振り回したからといって、異性からもてるわけでも、同性から尊敬されるわけでもありません。自己中心的で我がままな言動を控えるようにするだけで、周囲に与える印象は驚くほど良くなるはずです!

PR