気が利く人と利かない人では、「気が利く人」になりたいですよね。学校や会社に気が利く人が居るだけで場の雰囲気や流れが良くなったりします。ですが気が利かない人が学校や会社に居ると場の雰囲気はもちろん流れが悪くなりがちです。

そうなると、「今日は○○さんと一緒だから嫌だな…」「明日○○さんが居るのヤダー」と周囲から思われてしまうこともあります。そうならないためにも「気が利く人」になるべきです。気が利く人と利かない人の特徴と行動を紹介しますで、現在のあなたはどっちのタイプなのか是非考えてみてください。

気が利く人の特徴

1.気が利く人の特徴「気配り・目配り・心配り」

気が利く人の特徴「気配り・目配り・心配り」

気が利く人は気配り・目配り・心配りができるのが特徴です。この3つができていない人が結構居ます。気が利く人の行動として、例えば気配りの場合近くに居る誰かが文字を書こうとした時に「良かったら使ってください。」などと言ってスッとペンを相手に差し出したり、飲み物を飲む時に「ミルク使います?」「ストローどうぞ!」などとさりげなく声をかけられることです。

目配りの場合周囲の状況を常に把握し、陰で体調が悪そうな人が居たらすぐに気が付き「大丈夫?少し休もうか!」と声をかけられることです。目の前で起きていることだけではなく「良く気づいたね!」と周囲に思われることです。

心配りの場合見知らぬ人やそれほど仲良くない人も含め声掛けをすることができたり、相手の心に寄り添った行動ができることです。これら3つの“配り“が自然とできている人は凄く気が利く人です。

2.気が利く人の特徴「誰もやりたがらないことを率先してやる」

.気が利く人の特徴「誰もやりたがらないことを率先してやる」

気が利く人は場の空気を呼んで誰もやりたがらないことを率先してやるのが特徴です。例えばどんなに綺麗なお手洗いでも自宅以外のトイレ掃除ってなんか嫌ですよね。

「できる事ならやりたくない…」と内心思っている人が多い場所です。こうした場所でも嫌な顔せず率先して行動できるのが気が利く人です。

3.気が利く人の特徴「相手に合った行動ができる」

.気が利く人の特徴「相手に合った行動ができる」

気が利く人は勝手な思い込みでの行動をしないのが特徴です。例えば落ち込んでいる人に「こういう時こそ飲みに行こう!」「こういう時は暴飲暴食だよ!」という安易な発言・提案はしません。

むしろ「こういう時はあえて1人で居たいよね」などと思って近寄ることをやめたり、時に声をかけて相談に乗るなどの行動をします。

4.気が利く人の特徴「譲る心を持っている」

気が利く人の特徴「譲る心を持っている」

気が利く人は「お先にどうぞ!」と言うことができ、譲る心を常に持っているのが特徴です。例えばケーキやお菓子などの差し入れがあった時に気が利く人は真っ先に食べたい物を選んだり取ったりはしません。

必ずと言って良い程「私は最後でいいよ」「俺は余ったやつで良い」と言って周囲に譲っていたりします。他にはエレベーターでもそうです。気が利く人は乗る時も降りる時も“開くボタン“を押して周りの人を先に乗せたり、降ろしたりします。

5.気が利く人の特徴「どんな時も頭の回転が速い」

気が利く人の特徴「どんな時も頭の回転が速い」

気が利く人はどんな時も頭の回転が速く臨機応変な対応・行動ができるのが特徴です。これは“頭が良い“ということではなく、“頭が柔らかい“と言った方が正しいでしょう。頭の回転が速いことでどんな時も効率が良く、同性からも異性からも好かれやすい性格をしています。
自分では気が付かない所で自然と計算をした行動をしているのも特徴です。

6.気が利く人の特徴「自分に対して冷静」

気が利く人の特徴「自分に対して冷静」

気が利く人は周囲の人には優しく、色んな人に合わせた発言や行動ができる一方で自分自身に対しては冷静で冷めているのが特徴です。自分の感情に囚われないことで感情の起伏は激しくなく、周囲への気配り・目配り・心配りができる余裕が常日頃からあると言えます。

7.気が利く人の特徴「サービス精神が旺盛」

気が利く人の特徴「サービス精神が旺盛」

気が利く人は自分の居る場の空気を良くしたいという気持ちから相手を喜ばせる言動をするのが特徴です。例えば「○○ちゃんメイク変えた?すごく可愛い!」「○○君髪の毛切ったんだね!素敵!」などと相手が気持ち良くなる言葉を自然と言っています。場の空気も良くなり、言われた方も悪い気にはならずみんなにとっても良い場になります。

8.気が利く人の特徴「頼まれていないこともできる」

気が利く人の特徴「頼まれていないこともできる」

気が利く人は頼まれていないことも自然とやってしまうのが特徴です。これは有難迷惑な行動ではなく、「ありがとう!助かった!」と周りから思われる素敵な行動です。

例えば「会議録の作成が終わったらコピーしといて!」と言われた時にほとんどの人がコピーをして終わりです。ですが気が利く人の場合コピーをした後に複数ある場合はクリップやホッチキスで閉じて1部としてまとめたり、各クラスや各部署に配りやすいように分けておいたりします。

9.気が利く人の特徴「人間関係が良好である」

.気が利く人の特徴「人間関係が良好である」

気が利く人は誰にでも同じ発言・行動ができる事から悪い噂がなく人間関係が良好なのが特徴です。異性に対して極端に態度を変えたり、同性と居る時に誰かが嫌がる・悲しむ悪口等を言わないのも人間関係を良好にできている結果になっています。

10.気が利く人の特徴「自然と感謝の気持ちが言える」

気が利く人の特徴「自然と感謝の気持ちが言える」

気が利く人は「ありがとう」や「いただきます」、「ごちそうさま」といった感謝の気持ちを自然と言えているのが特徴です。「誰でも言えるでしょ!」と思ってしまいますが、食事後に「ごちそうさま」と言えていたとしても「いただきます」を言っていないことって結構あります。

また、些細なことに対しての「ありがとう」が言えていない人も結構居ます。気が利く人は自然と感謝の気持ちが言えている素晴らしい人なのです。

気が利かない人の特徴

1.気が利かない人の特徴「空気が全く読めない」

気が利かない人の特徴「空気が全く読めない」

気が利かない人は空気が全く読めず自分のことしか考えていないのが特徴です。例えば複数人で食事に行った時にみんなに何を食べるか聞かず自分の好きな物や食べたい物をバンバン頼んでいたりします。

他には学校や会社でみんながセカセカと行動している中焦ることなく自分のペースで何かをしていたりします。“自分がよくないことをしている“と思えていないのも特徴と言えます。

2.気が利かない人の特徴「思いやりの気持ちが1㎜もない」

気が利かない人の特徴「思いやりの気持ちが1㎜もない」

気が利かない人は自分のことしか考えていないのが特徴です。例えば手動のドアの場合後ろに人が居るのに自分のスペースしかドアを開けずスルッと隙間を通り抜けたり、すぐにドアから手を放してしまうなどです。気が利かない人は全く同じことを他人からされるとイラっとしてしまいがちです。

3.気が利かない人の特徴「言われたことしかやらない」

気が利かない人の特徴「言われたことしかやらない」

気が利かない人は言われたことしかやらなかったり、言われないと気が付かないのが特徴です。自分から率先して動くこともなければ、1~10まで説明しないと気が付かない鈍感な性格をしています。
学生の時は良くても、社会人になるとこれが通用せず怒られてばかりの日々になります。

4.気か効かない人の特徴「配慮のない言動しかしない」

気か効かない人の特徴「配慮のない言動しかしない」

気が利かない人は周囲を追い込み、より疲れさせる言動をするのが特徴です。例えばみんなが忙しくしている時に不愉快に感じる言動をしたり、ねぎらいの言葉ではなく追い打ちの言葉をかけたりします。本人は良かれと思って言っている言葉でも、その一言によってその場の空気が一気に悪くなります。

5.気が利かない人の特徴「困っている人に声をかけない」

気が利かない人の特徴「困っている人に声をかけない」

気が利かない人は困っている人を見かけても見て見ぬふりをするのが特徴です。学校や会社での集団生活というのは“困った時はお互い様“とよく言いますが、気が利かない人は困っている人を見て見ぬふりをするくせにいざ自分が困ると困っているアピールをしたり、周囲に助けを求めるのも特徴と言えます。

6.気が利かない人の特徴「おせっかいすぎる」

気が利かない人の特徴「おせっかいすぎる」

気が利かない人は相手の心情を考えることができずその場のノリや自分の考えだけで言動するのが特徴です。例えば失恋をした相手に「今度合コンやるからおいでよ!」「女なんていくらでも居るじゃん!」「男は男で忘れよ!」などと安易な発言をしたりします。

他には体調が悪く寝込んでいる時にいきなり家に押し掛けて飲み物や食べ物を持ってきたり、家事を勝手にやりだしたりします。気が利かない人はこうした自分の行動に対して“良いことをしている“と思っているのが厄介な部分だったりします。相手の立場になって考える力が必要です。

7.気が利かない人の特徴「ものすごく鈍感な性格」

.気が利かない人の特徴「ものすごく鈍感な性格」

気が利かない人はものすごく鈍感な性格で場の空気を悪くしてしまうのが特徴です。関わる期間が浅い内は「天然なんだな」と周囲から思われますが、関わる期間が長くなれば長くなる程あなたの鈍感すぎる正確に苛立ってしまう人が増えます。

誰かと会話をする時に毎回詳しく説明された場合は「自分は気が利かない人なのかな?」と思った方が良いでしょう。

8.気が利かない人の特徴「自分のことで精いっぱい」

気が利かない人の特徴「自分のことで精いっぱい」

気が利かない人は常にセカセカと行動していて周囲に目を向ける余裕すらない日々を送っているのが特徴です。もっと分かりやすく言うのであれば要領・段取りの悪い人です。

要領・段取りが悪いことで普通であれば1時間で終わることが倍以上の3時間かかってしまったり、要領・段取りが悪いことで同時進行ができず常に1からの行動をしていたりします。納期や期限等がある学校や会社に居る人にありがちな特徴です。

9.気が利かない人の特徴「何かと理由を付けて人に任せてしまう」

気が利かない人の特徴「何かと理由を付けて人に任せてしまう」

気が利かない人は何かと理由を付けて人に任せ、自分は何もしないというのが特徴です。これは“何かをしなくちゃいけない“という気持ちは持っているものの何かと理由を付けて何も行動しません。それにより周囲から「あの子何もやらない」「あの人気が利かない」と思われています。

例を挙げるとすれば食べ物の取り分けをしなくちゃいけない時に「私は取り分けが苦手だから…」と心の中で思って何も言動せずただ座っているなどです。「取り分けが苦手なのでお願いしても良いですか?」という一言が言えないのも気が利かない人の特徴と言えます。

10.気が利かない人の特徴「“ありがとう“が言えない」

気が利かない人の特徴「“ありがとう“が言えない」

気が利かない人は自然に「ありがとう」と言えないのが特徴です。気が利かない性格のため日頃から誰かに感謝されることが基本的にありません。

そのため「ありがとう」という言葉を言い慣れていなければ言われ慣れてもないのです。それにより日常生活の中で本当に感謝をした時にだけ「ありがとう」と言います。

まとめ

気が利く人・利かない人ではこんなにも特徴が違います。気が利かない人の特徴を見て何個も当てはまる項目があった人は気が利く人の特徴を意識した生活をしてみることをオススメします。

気が利く人が1人居るだけでその場の空気が凄く良くなります。反対に気が利かない人が1人でも居るとその場の空気が凄く悪くなります。どちらの人間になるのかはあなたの行動次第です。