バイトは、年齢も性別も違う人たちと一緒に働くことから、さまざまな人間関係に悩まれやすいものです。バイトの人間関係につかれ、辞めたりシフトを減らしたりする人も多いと言われています。

バイトだけどちゃんと働きたい、バイトだからこそ楽しく働きたいと思いますよね。そこで、バイトの人間関係におけるノウハウについてご紹介していきたいと思います。

どのようなポイントに注意すれば、バイトの人間関係がうまく行くのか、またどんなタイプの人には注意すべきか、詳しく見ていきましょう。

PR

バイトの人間関係は複雑

バイトの人間関係について

バイトの人間関係は、思っているよりも複雑なものです。年齢や性別はバラバラ。フルタイムで働いている人もいれば、ショートタイムで働いている人もいます。

また、バイトの業種によっては、仕事の役割が明確に区切られていることもあるでしょう。しかしどのバイトにおいても必要なのが、チームプレーです。

1人でも合わない行動をする者がいたら、一気にバランスが崩れてしまいます。そんなギリギリのバランスの中で働いているバイトの人間関係。良い関係性をキープするには、どんなノウハウがあるのでしょうか。

バイトの人間関係を良好にする方法は

挨拶は自分からが鉄則

挨拶は自分からしよう

バイトの人間関係を良好に保ちたいと思っているのなら、挨拶は自分から行うことを徹底しましょう。挨拶の順番で相手の優劣や上下を決める人がいるからです。

上司になるほど、先に挨拶してほしいと思ってしまいがちですが、自ら挨拶することで気持ちよくコミュニケーションをスタートさせることができます。

また、相手からの挨拶待ちになると、ギクシャクした時間がムダに流れてしまうため、気持ちの面でも良くありません。自分から積極的に挨拶すれば、昨日のちょっとしたトラブルやいざこざも払拭することができます。その日の働きやすさは、最初の挨拶にあると心得ておきましょう。

相手を褒めることで損は無

相手を褒めるようにしよう

バイトの人間関係を良好に保つなら、相手が上司であれ、部下であれ、同僚であれ、とにかく褒めることを習慣にしてください。

上司なら、「仕事がテキパキされてすごいですね」「〇〇が上手くできないんですがコツを教えてください」と褒めることで、仕事のスキルも向上することができます。

また、同僚なら「同じ時期に入ったのに、飲み込み早くて羨ましい」と褒めましょう。

部下に対しては、「〇〇ができるようになったね。その調子でがんばってね」と励ましつつ褒めるのが理想的です。仕事を中心に褒めていけば、お互いに足りない部分をカバーしあえるので、より働きやすくなるでしょう。

悪口はご法度

悪口はご法度

バイトの人間関係を良好に保つために、とても重要なことがあります。

それが、「悪口を言わない」ということです。悪口が良い要素を生むことはありませんん。妬みや恨み、いじめにまで発展する可能性があります。

また、一度悪口が発生すると、他の人にも伝染していき一気にバイトの雰囲気が悪くなっていきます。誰かが悪口を言っても、それに便乗して悪口を言うようなことは辞めるようにしましょう。

相手のことをたとえ悪く思っていたとしても、同じバイトの人たちと共有することは避けるのが、バイトの人間関係を良好に保つポイントと言えるでしょう。

雑談の大切なコミニュケーション

雑談を楽しもう

バイトの人間関係を良好に保つためには、雑談を楽しんで行うことも重要です。「仕事だから」とプライベートなことは一切話さないような人だと、仲良くなることはできません。「メニューの〇〇が好き。」「新メニュー食べた?」など、業務に関係することなら、雑談しやすくなるでしょう。

ただ、注意したいのがどこまで話すべきかということです。雑談とは言え、必要以上にプライベートの情報を話さなくてはならない、というわけではありません。必要以上に話して仲良くなりすぎると、今度は合わない部分が目立ってきますので、ほどよく一定距離を保った関係を続けるのがポイントです。

感謝の言葉は忘れずに

感謝の言葉は忘れずに

バイトの人間関係を良好に保つためには、なんでも自分でできると思い込んではいけません。周りのフォローがあるからこそ、スムーズに業務をこなすことができると考えるようにしましょう。そして、周囲への感謝はきちんと言葉として伝えるべきです。ちょっとフォローしてもらうことがあったら「ありがとう、助かる」と伝えましょう。

細かく感謝の言葉を声に出して伝えることで、相手は信頼されていると感じるようになります。仕事を円滑に進めていくためには、お互いの信用が必要不可欠です。よりスムーズに仕事を進めるうえでも、感謝の言葉は欠かせないということを覚えておきましょう。

シフトは譲り合って

シフトは譲り合って

バイトの人間関係を良好に保つためには、シフトにある程度融通を持つようにしましょう。バイトは、固定で働く場合もありますが、日によって早番や遅番が入れ替わったり、曜日が変わったりすることもあります。

自分のペースが乱れるからと、頑なに調整することを拒否しては、他の人も困ってしまいますので、できるだけ対処できる余裕は持ち合わせておくようにしましょう。

バイトのシフトは、ひとりひとりの希望をバランスよく調整して完成するものです。どうしても用事があり、勤務が難しい場合も、連携の取れたバイト仲間なら、サポートして代打を引き受けてくれるはずです。

こんなタイプに注意が必要

こんなタイプに注意

バイトの人間関係を良好に保つためには、働いている人たちのタイプを見極めることも重要です。

最も気を付けたいのが、リーダータイプと、お調子者タイプです。どちらもバイトの人間関係に大きく影響してくるタイプの人です。

まず、リーダータイプの人は長年働いてきていることが多く、プライドも高いことがほとんどです。このリーダータイプの人の意見に逆らうと、シフトを外されたり、嫌がらせを受けたりする可能性があるので、注意しましょう。

また、お調子者タイプの人は、一見害がないように思いますが、一度嫌われるとしつこく嫌がらせをしてくることが多いため、注意が必要と言えます。また、同期にライバル視されて必要以上に闘志を燃やされ迷惑になったり、仕事至上主義で、仕事におけるミスはどうしても許せなかったりするというタイプの人など、個性豊かな人ばかりです。

また、いつもは仕事を押し付けてきたり、面倒なことは避けたりする人ほど、権力に弱く誰かにミスを擦り付けがちです。このタイプの人に敵対視されると、ありもしない濡れ衣を着させられることもあるので、注意しましょう。

タイプを見極め、コミュニケーション

タイプを見極め、コミュニケーション

バイトの人間関係には、さまざまなタイプの人がいますが、ある程度タイプを見極めることができたら、それに合わせて対処していきましょう。

基本的に大きく逆らわず、同調さえしていれば、難なく人間関係を良好に保つことは可能です。

譲れない気持ちが何か一つでもあると、トラブルの現認になりやすいことを覚えておきましょう。仕事は仕事と割り切るのが、冷静になるコツと言えます。

まとめ

このように、バイトの人間関係を良好に保つポイントについて、ご紹介しました。さまざまなポイント踏まえ、注意することで、これからの人間関係をより良い状態に保つことができるでしょう。

バイトの人間関係はいろんな年齢、タイプの人たちで構成されています。

それぞれの個性を尊重し、一緒に働くというチームプレーを忘れなければ、きっと長く快適に働き続けることができるはずです。そのためにも、さまざまなポイントをインプットしておいてくださいね。

PR