優しい人になりたい!誰にでも優しくしたいのになかなか実行に移せないということはありませんか。家族や友達など身近に人にはとくに優しくしたいと思うのに、仕事上のストレスや忙しさに負われてしまい、ついイライラしてしまう。優しくしたいのに優しく出来ないと、疚しい気持ちや罪悪感もどんどん募っていきます。

優しい人の特徴を知り、優しい人を目指すためには、どのような状態にメンタルを整えていけばよいのか、具体的にどのような言動を取ればよいのかについてポイントをまとめてみました。優しい人の周りには同じように優しい人が集まり、ほっと寛げる空間が広がります。優しい人になるためのヒントを読み、早速実行してみましょう!

PR

優しい人は気遣いの出来る人

優しい人は気遣いの出来る人

優しい人とは具体的にどんな人を指すのでしょう。優しい人とはまず気遣いの出来る人といえます。相手の立場に立って考えることが出来るため、他人の感情に配慮した言動が取れます。

相手を気遣うにはその人のことをよく観察し、どんなことが好きで、どんなことが嫌いか、どんなことが得意で、どんなことが苦手か、といった分析が出来なくてはなりません。つまり優しい人とはさりげなく相手を観察し、それによって得た事実をもとに、相手を気遣える人ということになります。

優しい人に癒される

優しい人に癒される

優しい人に会うとなぜ癒されます。いつもにこにこ穏やかで、人の悪口など言わないタイプの人、これが典型的な優しい人です。

人の悪口を言い、人間関係に波風を立てるタイプと違い、優しい人はどんな状況においても、その場に居合わせるだけで、そこにいる全員をなんとなくまとめ合わせ、穏やかな雰囲気で包みます。優しい人のさりげない優しさに触れるだけで、疲れた心がリフレッシュされます。

優しい人は心に余裕のある人

心に余裕のある人

相手のおかした過ちや非をことさら厳しく咎める人は、優しい人とはいえません。たとえばちょっとした遅刻に対して、ねちねち責めるような人と一緒にいても楽しいとは感じられないでしょう。優しい人になりたいのであれば、相手のちょっとした間違いや失敗に、いちいち目くじらを立てるのはやめましょう。

間違いや失敗は誰にでもあるもの、ましてや、相手に全く非がないにも関わらず、起こってしまったアクシデントまで相手のせいにするような人間は、誰からも嫌われてしまいます。心に余裕を持ち、相手を大らかに受け入れる度量を持つと、人に優しくできるようになります。

優しい人は包容力のある人

包容力のある人

優しい人を形容するもう一つの言葉が「包容力がある」です。とくに男性の場合、相手の良いところも、悪いところもすべて丸ごと受け入れてくれる人が好まれます。大人の度量を見せ、相手の都合や希望を優先できる人も優しい人の特徴の一つです。要は自分のことを最優先せずに、相手の気持ちを気遣う余裕があるかどうかにかかっています。

自分がされて嬉しかった優しさを参考に!

自分がされて嬉しかった優しさを参考に!

人に優しくしたいけれども、なんとなく気恥ずかしいという方。ご自分がされて嬉しかった優しい態度や言葉を思い出してみましょう。人に優しくするということは、その気になりさえすれば、それほど大変なことではありません。

たとえば道でバッグの中身をばらばらと落としてしまったときに、親切に拾ってくれた人、電車で席を譲ってくれた人、職場で業務をさりげなくサポートしてくれた人など、日常生活の中でさりげない優しさに触れることは多くあります。自分がされて嬉しかったことを、また別の人に還元するつもりで優しくしてみましょう。

優しい人は人柄の良い、性格の良い人

人柄の良い、性格の良い人

人柄が良い、性格が良い人もまた優しい人として好かれます。人当たりの柔らかな、穏やかな性格の人は他人と接する際に、きつい言い方をしたり、口争いをしたりしません。

社交的な性格である必要はありませんが、穏やかな人柄がそのまま出たような態度で人に接すると、人当たりの柔らかな人として認められます。人柄が良いとは、争いごとを好まず、相手の短所ではなく長所に注目できるような人です。

見返りを求める心を捨てる

見返りを求める心を捨てる

打算的であったり、下心があるために人に優しくする人は、本当の意味での優しい人とはいえません。本当の優しさとは自然に、無意識に内面から溢れ出てくるもの。

優しくすることにより相手からなんらかの見返りを得ようと考えているうちは、本当の意味での優しい人にはなれません。人に優しくすることで、自分が得をしようと考えていると、優しい人と思われないばかりか、打算的な人と思われるだけです。

誰かに優しくされたら、、、

誰かに優しくされたら、、、

今度は反対の立場から考えてみましょう。せっかく優しくされたのに、お礼の一言も言わない人、逆に優しくされて当然という態度を示す人がいます。このような何かをされて当たり前という態度は、どんな場合にも望ましくありません。

とくに優しくされたときに当然という態度を取ってしまうと、優しくしたら付け上がられた、と取られかねませんので、絶対にやめましょう。このような傲慢な態度を取られると、相手のことを気遣った自分の気持ちが汚されたような気がしてしまいます。優しくしてくれた人の好意を無駄にしないよう、優しくされたら、一言感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

相手の弱みに付け込まない

相手の弱みに付け込まない

優しい人というのは、相手の弱みに付け込んだりしません。誰かに優しくするというのは、相手が精神的に弱っているときに、さりげなくサポートすること。また人の短所を出来るだけカバーしてくれる人も優しい人の特徴の一つです。

身近にいる人だけでなく、見知らぬ他人に対しても優しい気持ちで接していると、それを偶然見かけた人にまで、その優しい気持ちが伝染していくこともあります。優しい人がいるとその場の雰囲気が和らぐのは、そのせいといえるでしょう。相手が自分よりも弱い立場にある場合には、より一層気を使うようにしましょう。

人に優しく接することのメリットとは?

人に優しく接することのメリットとは?

時には自分を犠牲にしてまでも、人に優しくすることにはメリットがあるのでしょうか。仕事上のストレスや家庭でのいざこざを抱え、自分自身が精神的に辛いときに人に優しくするのは、並大抵のことではありません。

こんな大変なときに人に優しくするどころではないと感じる方もいるでしょう。しかしそんなときだからこそ、人に優しくすることで、自分のポテンシャルや価値を再認識することも出来ます。自分自身の問題を抱えながらも、人に優しく出来るような人は、優しい人と認められるだけでなく、人徳のある優れた人として尊敬されるに違いありません。

特別大変なことをするのではなく、優しい気持ちに支えられた小さな行為の積み重ねが、人生における新たな転機になることもあります。人に優しい気持ちで接したら、それは回りまわって必ず自分のところに帰ってくると考えるようにしましょう!

まとめ

疲れていたり、精神的に弱っているときには、人の親切がことさら有難く感じられます。優しい人というのは、女性が男性に求めるタイプの代表的なものです。優しい人が人気なのは、ありのままの自分を素直に認めて受け入れてくれるからではないでしょうか。

男性でも女性でも、人に対して優しい態度を取れる人は、精神的に大人で頼りがいがあります。人に優しくしてもらいたいと願うのなら、まずは自分から率先して相手に優しくするようにしましょう。相手にばかり優しい態度を要求し、自分は我がまま三昧という人に、優しくしたいと思う人はいません。この人にならいつでも優しくしたいと思わせるような人になりましょう!

PR