何をやってもやる気が起きない、落ち込んだ気持ちをどうにかしたい。そんな時、テンションを上げる方法を知っていたら便利だと思いませんか?テンションを上げる方法は、意外と簡単なものです。

テンションを上げる方法に共通するのは、何を選ぶかということ。選び方さえ間違えなければ、テンションはすぐに上げることができるでしょう。

そこで、すぐに実践できるテンションを上げる方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

PR

テンションが下がるときとは・・

テンションが下がるとき

テンションを上げたいと感じるときは、テンションが下がっているときです。

昨日遅くまで仕事をしていて、まともに寝ていないから起きるテンションになれない。

恋人にフラれて何もかもにやる気をなくしている。

締め切りまであと数日しかないから、今日がんばらないと相当ヤバい。など、いろんな状況があるかと思います。

テンションを上げる必要があるときほど、テンションは下がっているもの。意外と、テンションを上げなければならない状況だということに、気づいていない人もいるので、まずは自覚が大切です。テンションを下がっているということを自覚できたなら、準備は万端と言えるでしょう。

テンションを上げる方法

目力、目の運動で刺激を

まずは目から

テンションを上げる方法として、目の力を最大限に引き出すことから始めていきましょう。

目をしっかり閉じて、パッと開くという運動を10回ほど行います。

テンションが下がっているときは、目はうつろで焦点もぼやけているもの。だからこそ、目をパチパチ運動させて、刺激していくのです。

コンタクトを付けていない人なら、目をギュッと思いっきり閉じて思いっきりパッと開きましょう。目の周りの筋肉が刺激され、視界が晴れたように見えやすくなります。

色の選び方でこんなに変わる?

色の選び方

テンションを上げる方法として、目を正常な状態に戻したら、次は目に飛び込んでくる色の選び方に注意しましょう。グレーや茶色など、くすんだ色ばかり目にしていないでしょうか。

テンションを上げるなら、赤や黄色、ピンクなど鮮やかな色を選ぶべきです。今日はテンションを上げていかなければ、という日なら服の色の選び方にも注意するようにしましょう。

ネクタイに色を加えたり、ハンカチを色物にしたりするだけでも効果的です。色はパワーを与えてくれるものですから、テンションを上げる方法としてはとても簡単ですぐに実践することができます。

声を出すと上がる

声を出そう

テンションを上げる方法として、次にご紹介したいのが声です。小さな声でぼそぼそと話していてもテンションは下がったまま。テンションを上げるならハリのある大きな声を出すようにしましょう。

大きな声を出せる環境なら、「あー!」と大きく口をあけて叫ぶと気持ちがスカッとしてきます。大きな声を出すのが難しいのなら、トイレに行き、タオルを口に当てて叫ぶか、大きな口をあけて思いっきり息を吐きましょう。

この方法は、スポーツ選手も実践しているものです。ここ一番という時には、多くの選手が大きな声で叫んでいます。スポーツ選手に限らず一般の人にとっても、大きな声はすぐにテンションを上げてくれる方法なのです。

身体を動かすとアゲアゲに

身体を動かそう

テンションを上げる方法として、次にご紹介するのは、身体を動かすことです。じっと静止した状態ではエネルギーはうまく発散されません。

身体を動かすことで、身体に刺激が多く加わり、自然とテンションが上がりやすくなるのです。信号をダッシュして気持ちのテンションを高ぶらせたり、その場で何回かジャンプしたりするのも良いでしょう。

また、思いっきり背筋を伸ばしたり、足首を勢いよくブラブラしたりするのもオススメです。筋肉を刺激すると、身体だけでなく脳も活性化されます。

瞬発的にテンションを上げていきたいなら、激しく身体を動かし、じわじわとテンションを上げていきたいならストレッチで身体を刺激していきましょう。どのようにテンションを上げていきたいかにより、動作の選び方は変わってきます。

音楽をかけてノリノリに

音楽をかけよう

次に、テンションを上げる方法としてご紹介したいのが、音楽をかけるという行為です。しかし、ただ音楽をかければよいというわけではありません。

テンションを上げるためには、音楽の選び方にも注意しましょう。緩やかな曲より、テンポが良く少し早いリズムの音楽を選ぶと最適です。早めのリズムを聞いていると、身体が同調して心臓の鼓動も少しずつ早くなってきます。

その結果、テンションが上がりやすくなっていくのです。少しずつテンションを上げていきたいという方は、緩やかな曲から、徐々にリズムを早めにしていきましょう。

また、テンションを上げるときに聞く曲を統一し、何度か繰り返すことで、その曲を聞いたらすぐにテンションが上がるというスイッチが入りやすくなります。目覚まし代わりの曲を決めたり、ここぞという一番の時に聞く音楽は、自分の好みの曲に決めたりしておくと良いでしょう。

香りをプラスして絶好調に

香りをプラス

テンションを上げる方法として、さりげなく行えるものに「香りをプラスする」ということがあります。アロマオイルと使い、嗅覚からテンションを上げていく方法です。

アロマオイルの選び方としては、爽やかなものを選ぶと良いでしょう。ペパーミントや、グレープフルーツ、レモンなど柑橘系やミント系がオススメです。アロマポットで香りを広げるのも良いですし、ハンカチなどに1~2滴ほどたらし、香りをかぐのもオススメです。

大事なプレゼンの前にテンションを上げておきたいという方は、アロマオイルの香りがついたハンカチをポケットに忍ばせ、直前に嗅いでおくと良いでしょう。

テンションが上がる食べ物とは

テンションが上がる食べ物

テンションを上げる方法として、次にオススメしたいのが食べ物です。テンションを上げるためには、食べ物の選び方にも注意しましょう。

即効性がある食べ物としては、チョコレートなどの甘いものや、栄養ドリンクですが、血糖値が急上昇してテンションが上がる分、一定時間経つと血糖値が急激に下がりテンションが下がってしまいます。

長時間上がったテンションをキープしたいのなら、食物繊維や野菜、果物を豊富にとり、ナッツなど栄養価の高いものを取り入れるようにしましょう。

また、テンションを上げるためには、量の調整も必要です。お腹いっぱい食べてしまうと、動きたくなくなってしまいますし、消化にエネルギーが使われ、頭がボーっとしてしまいます。テンションを下げないためにも、腹八分目までに抑えておくようにしましょう。

好きなアイテムを見て上げる

好きなアイテムを見る

テンションを上げる方法として、次にご紹介するのは好きなものを見るという行為です。ペットの写真、アイドルの写真、恋人の写真、お気に入りの鏡、プレゼントしてもらったカバン、楽しかった旅先の風景など、何でも構いません。

自分の好きなアイテムを見ると、人は楽しかった時を思い出し、その時間へとワープすることができます。テンションを上げるためのお守りとして、常備しておくと安心でしょう。

まとめ

テンションを上げる方法として様々なものをご紹介しました。ちょっとした色の選び方や、音楽の選び方などでテンションは左右されます。

ここぞという時には決まったアイテムを使ってテンションを上げるのも良いでしょう。どうしてもテンションを上げなければならない。

今すぐテンションを上げたい!という方は、さまざまな方法を実践し、下がったテンションを急上昇させていきましょう!

PR