穏やかな人と言われたい!こんなふうに思ったことはありませんか。性別や年齢に関わりなく、穏やかな性格の持ち主は、自分自身の精神状態が安定しているだけでなく、周囲の人をも平穏な雰囲気で包みます。

自分自身の生活が安定していなければ、対人関係において人と穏やかに接するには所詮無理な話、穏やかな態度を取れる人間は精神状態も安定しているといえるでしょう。心穏やかに毎日を過ごし、穏やかな人という形容詞に相応しい態度を取るためのヒントをまとめてみました。一度きりの人生、毎日ストレスでイライラ、キリキリするよりも、心穏やかに落ち着いた毎日を送るようにしてみましょう!

PR

穏やかな人が周囲に与える影響

穏やかな態度を取れる人は、それだけで周囲の雰囲気を平穏に保ちます。たとえ正論を述べているとしても、喧嘩腰でものを言う人の話を喜んで受け入れるという人はいません。柔らかな物腰と穏やかな話し方の出来る人は、職場でも必ず大切にされているはずです。

穏やかな人は物腰や話し方は穏やかなのに、不思議に存在感があります。話し声が大きいわけでもないのに、穏やかに話されただけで、なんとなくその人の話を聞いたほうがいいのでは、と思わせられるなにかがあります。相手に自分の言い分を納得させたい場合などにも、落ち着いた態度で穏やかに接するほうが、効果があります。

穏やかな物腰

穏やかな物腰

女性だけに限らず、男性であっても穏やかな物腰の人は、周囲の人から受け入れられやすくなります。物腰が穏やかとは、居丈高でない、話し方が柔らか、控えめ、大声を上げない、など、自分だけでなく、周りの人まで穏やかな心持にしてくれそうです。また敢えて人と競争する必要を感じないのは、内面が充実しているから。

物腰や話し方を穏やかにするには、まずは内面から平穏な気持ちにしなければなりません。ストレスや心配事を抱えていると、ゆったりとした気持ちで他人と対することは困難になります。穏やかな物腰で人と接するには、心配ごとや悩みごとを出来るだけ抱えないようにしましょう。

穏やかな話し方

穏やかな話し方

話し方一つで性格まで変わってくることがあります。喧嘩腰やきつい調子で話しをする癖がついてしまうと、何気ない会話もぎすぎすしてしまいます。穏やかな人といわれるためには、話し方にとくに注意しましょう。言葉遣いが乱暴にならないようにすると同時に、どんなときにも平常心を保ち、出来るだけゆっくり話すようにしましょう。

また話し方だけでなく、相手に応じて話の内容にも配慮する必要があります。穏やかな人というのは、間違っても相手を傷つけるようなことは言わないものです。相手に嫌な思いをさせないよう、励ますような、しかしわざとらしくない、さりげない優しさが求められています。

自分を他人と比較しないようにする

自分を他人と比較しないようにする

他人に対してむやみに優越感や劣等感を感じると、穏やかな気持ちでいられなくなります。劣等感を抱いていると、人と接する際に焦燥感や羨望を感じやすく、また優越感を抱いていると、相手を軽んじるような態度を取ってしまうことになります。

いずれにしてもこのような内心穏やかでない態度で相手に接するのは、非常に疲れるものです。難しいかもしれませんが、人は人、自分は自分という心持で生きるようにすると、自然に穏やかな気持ちになれます。

生き方を見つけ、充足することの重要性

自分の生き方を見つけ、充足することの重要性

現代は多様な生き方や働き方を尊重する時代といわれています。単一の価値観にみなが従っていた時代は過去のものになり、今ではそれぞれが自分にもっとも意味があると思われる生き方に沿って生きている時代です。こんな時代だからこそ、他人と自分を比較して無駄にストレスを感じても仕方ありません。

内面から平穏な気持ちになるには、自分に関係のないことにやきもきしたり、他人をむやみに批判することをやめるようにしましょう。自分の生き方や価値観自体に自信を持つことにより、周囲の人や環境に関わりなく、穏やかな心持で生きられるようになり、ひいてはそれが人と接するときの穏やかな態度となって表れます。

経済的な要因が原因で穏やかな気分でいられないという方、どんなに経済的に恵まれていても、不幸せな人もいます。困窮しているというなら別ですが、ある程度自由がきく生活をしているのであれば、あとは自分の心持次第と言い聞かせてみましょう。

穏やかに過ごすためには声を荒げない

穏やかに過ごすためには声を荒げない

相手から受ける印象のうち、その大きな部分が声にかかっているということをご存知ですか。声一つで性格まで判断されるのはなんとなく納得いかない気もしますが、しかし実際に相手から受ける印象の中で声はかなり重要なポイントになります。

態度自体は申し分ないのに、声や話し方が荒々しかったり、必要以上に大声だったりすると、穏やかな人という印象は受けません。どんな場面でも声を荒げないようにしましょう。

心を穏やかにすると見えてくるもの

心を穏やかにすると見えてくるもの

穏やかな態度と心持を持つことのメリットは、対人関係をスムーズに動かすことだけにありません。心を平穏に保ち、相手に対して常に穏やかな態度を取っていると、自然に周りの状況がクリアに見えてきます。

心静かに周囲を観察していると、自分を含めた人の長所や短所、置かれた状況を適切に判断することが出来るようになります。自分自身の好き嫌いや感情を抜きにして、客観的に周囲を眺めることが出来るというのは、一つの才能です。

穏やかな人は物静かな印象を与える

穏やかな人は物静かな印象を与える

穏やかな人はみんなから好かれます。その理由の一つは穏やかな人はどちらかというと口数が少なく、きつい言い方をしないため。不用意な発言で人を傷つけるよりは、口数少なく控えめにしていたほうが、周囲の人に良い印象を与えます。

ただしお世辞や誉め言葉を乱発し、人に取り入ろうとする人は、穏やかな人とは言われません。穏やかな人には下心がなく、相手との上下関係に関わりなく、礼儀正しく優しい態度を取れる人を指します。

穏やかさが与える安心感

穏やかさが与える安心感

穏やかな人は周囲の人に安心感を与えます。その理由は穏やかな人は、直接的にも間接的にも他人に害を及ぼすことがないため。これに対して対人関係において、周囲の人を不用意な発言や攻撃的な態度で傷つける人もいます。

このような安心できないタイプの人の周りでは、穏やかな気持ちをキープすることは出来ません。穏やかな人はその穏やかな態度ゆえに、周囲にいる人全員の精神安定剤的な存在になってくれます。

穏やかに生きる

穏やかに生きる

先行き不透明と言われて久しい現代社会、その中で心穏やかに生きるのは生易しいことではありません。自分では十分な努力をしているにも関わらず、周囲の状況は一向に変わらなかったり、上司や同僚は自分勝手だったりと、イライラが募ってしまう環境に置かれている方も大勢います。しかし自分ではどうしようもない状況に自分の心の平安まで脅かされるのは、非常に残念なことです。

もちろん自分の努力で改善できる部分があれば、当然それに手をつけるべきですが、たとえば他人の性格や行動など、自分では変えることが出来ないものにいちいちイライラするのはやめましょう。人に振り回されないと言い聞かせ、心の中に常に平穏な気持ちを置いておくようにしましょう。

まとめ

穏やかな人になりたい!と思いつつ、なかなか行動できない方のためのヒントをまとめてみました。大人には毎日いろいろな事件が降りかかり、穏やかな態度を保つことも困難ではありますが、イライラしたり、周囲に八つ当たりしたり、無意味に友達や同僚と衝突しても、決して良い方向には進みません。穏当な発言と行動が取れる大人を目指し、誰からも認められる穏やかな人になってみませんか。

PR