気遣いの出来る人は周囲の人から頼られ、好印象をもたれます。職場に気遣いの出来る人が一人いるだけで、雰囲気が和らぎ、仕事の能率も上がります。気遣いの出来る人とは一体どんな人でしょうか。気遣いの出来る人になるには、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

あの人は気遣いが出来る人だ、これは社会人にとっては最高の誉め言葉の一つです。さりげない一言や何気ない行動一つで、相手を和ませる気遣いの出来る人。気遣いの出来る人になるために行いたいポイントをまとめてみました!

PR

さりげない優しさがある

さりげない優しさ

気遣いの出来る人とはさりげない優しいを発揮できる人と言い換えていいでしょう。押し付けがましくなく、控えめなのに、ほっとできる一言の言える人になるには、まず自分の周りにいる人に対して思いやりの気持ちを持つことが必要です。

相手を気遣うというのはお金で解決できることではありません。相手を気遣える思いやりのある性格を備えて損をするということはありません。気遣いとは、ちょっとした一言で相手をねぎらう、励ます、労わる、といったことを指します。

周囲の人を気遣える精神的な余裕を持つ

周囲の人を気遣える精神的な余裕を持つ

相手のことを気遣うには、まず自分の心にも余裕がなくてはなりません。自分のことに必死だと、とても人のことにまで頭が回りません。

常時ストレスや悩み事を抱えていると、人の気持ちに配慮するどころが、逆に人に八つ当たりすることで、自分のストレスを解消してしまうこともあるでしょう。とくに職場で気遣いの出来る有能な人と思われたい場合には、家庭内や友人関係に関するごたごたを職場にまで持ち込まないようにしましょう。

相手の立場に立って考えられる人

相手の立場に立って考えられる人

自分が人にされたくないことを他人に平気で行う人は、気遣いの出来ない人として疎まれてしまいます。自己中心的な視点からでなく、相手の立場に立って考えることの出来る人は、特別な努力をしなくても自然な気遣いが出来ます。

負担にならない気遣いをするには、相手が自分にどのような態度で接してもらいたいかを考えるようにしましょう。視点を変えて、いろいろな立場の人の胸のうちを慮れる人間は、誰から信頼されます。

感謝されることを期待しないこと

感謝されることを期待しない

相手に感謝されることを期待して行う気遣いは、本当の意味での気遣いではありません。相手からの感謝や、良いことをしたという自己満足に浸りたいといった利己的な理由で気遣いを行っていると、言動の節々に恩着せがましい感じが漂ってしまいます。

気遣いは自然に出来るのが理想、相手に良く思われたい、良い人と思われたいという理由で、戦略的に気遣いしても相手には必ず察知されてしまいます。相手に心地よく過ごしてもらうことこそ、自分の心地よさにもつながるということを理解し、見返りを求めない潔い態度で接するようにしましょう。

マナーのしっかりしている人

マナーのしっかりしている人

気遣い以前の問題と感じる方もいるかもしれませんが、公共の場での基本的なエチケットやマナーができていない人は、気遣いのできない人として、確実に白い目で見られます。

携帯マナーの悪い人や、年配者や子供に対する配慮の出来ない人、自分の都合だけを優先する人なども、周囲の人からは気遣いの出来ない人とみなされているはずです。

家族、友達、同僚などよく知っている人に対する気遣いと同時に、まったく見知らぬ第三者に対しても、細かい気配りの出来る人になりましょう!

相手に応じて話の内容を変えられる人

相手に応じて話の内容を変えられる

どんな相手に対しても自分の興味のある話しかしない、出来ない。こんな人は気遣いの出来ない人としてレッテルを張られてしまいますので気をつけましょう。

周囲の人に対して気遣いの出来る人は、その場にいる全員が会話に加われるようなトピックに話を持っていくことができます。

これに対して気遣いの出来ない人は、周囲の状況が見えていないため、自分が興味のあることだけを話し続けたり、一部の人にしかわからない話でその場を白けさせてしまいます。どんなときにも周囲の状況を判断し、そこにいる人みんなが居心地よく過ごせるような雰囲気を作ることの出来る人は、ポイントが高いといえるでしょう。

相手を傷つけるようなことは言わない

相手を傷つけるようなことは言わない

相手を傷つけるような不用意な発言をする人は、典型的な気遣いの出来ない人。たとえば彼氏と別れたばかりの人の前で、その人の気持ちにお構いなく、延々と自分の彼氏の話をしてしまう人というのは、きわめて無神経な人といえるでしょう。

誰が自分の話を聞いているか、きちんと把握していないとこのようなことを仕出かす羽目になってしまいます。とくに大勢の人がいる場所では、微妙な話題は出来るだけ避け、当たり障りのない話題に限っておくのが無難です。

あの人は無神経といわれないためにも、相手の気持ちや感情を逆なでするようなことはやめましょう。

気遣いの出来ない人は嫌われる?

気遣いの出来ない人は嫌われる?

対人関係において最低限の気遣いが出来ない人は、周囲の人から無神経な人とみなされてしまいます。気配りや気遣いは何も女性だけに限ったことではありません。

男性の方でも気配りの出来る人は、一緒にいて寛げる人として女性にも好かれます。気配りや気遣いは、対人関係をスムーズに進めるための小手先の業ではありません。気遣いの出来る繊細な性格を備えていると、人生のさまざまな局面においてこれに助けられることもきっと多いはずです。

人に対する気遣いを損得だけで考えることなく、自分自身を向上させるために必要不可欠な属性と考えるようにしてみましょう!

気遣いの出来ない人は職場でも不利?

気遣いの出来ない人は職場でも不利?

家族間でも互いに対する気遣いはもちろん重要ですが、職場でもまた気遣いの出来ない人に対する風当たりは強くなると思って間違いありません。職場にはいろいろなタイプの人がいます。

そのため職場では必然的にその場の空気を読み、適切な対応をすることが求められます。このとき、その場の状況によって臨機応変な態度が取れない人は、空気が読めない、融通が利かない、

気が利かない人として、職場での人気はがた落ちすることでしょう。気遣いが出来ると職場でも重宝される存在になります。

身近にいる人をお手本に!

身近にいる人をお手本に!

気遣いの出来る人と言われたいのに、どうしたらいいか分からない、という人は意外に多いようです。相手に優しくしよう、気配りをしようと思う気持ちばかりが先走り、気遣いというよりはお節介に近いことをしてしまうことはありませんか。

気配りの出来る人になるには、上記のポイントを押えるだけでなく、ご自分の周りにいる気遣いの出来る人をお手本にしてみましょう。落ち込んでいたときに励ましの一言をくれた、困っていたときにさりげなくアドバイスしてくれた、など、気遣いの出来る人はあなたの周りにも必ずいるはずです。

そんな気遣いの出来る人たちが、具体的にどのように振舞っているかを観察することで、気配りのヒント的なものを得ることが出来ます。自分がされて嬉しかったことは、他の人にも必ず通用するはずです。身近なお手本を見ながら、気遣いの出来る人を目指してみましょう!

まとめ

気遣いの出来る人は対人関係に長けているだけでなく、仕事上でもその特性を高く評価されます。気遣いの出来る人が側にいると、周囲の雰囲気は自然に和み、どんな作業でもスムーズに進捗していきます。気遣いの出来る人がただの一言でその場の雰囲気を和らげるのに対し、気遣いの出来ない人は他人を傷つける言葉を平気で口にし、人間関係を損ねてしまいます。

気遣いの出来る人を目指すには、他人の気持ちを思いやることがもっとも大切、まずは身近な家族や友人を大切にすることからはじめましょう!

PR