言い方がきついとどんなに自分の言い分が正しくても、他人は素直に受け入れてくれないものです。いったんきつい言い方をする人と思われてしまうと、このイメージを修正することは困難になります。

きつい言い方をしていると、周囲の人からも思わず敬遠されてしまいます。どんなに有能な人でも言い方がきついと、感じが悪い、偉そう、他人に厳しい、などネガティブな印象をもたれてしまいます。

ソフトなイメージで人当たりの良い人といわれたい、言い方が悪いと注意された、きつい物言いを直したい、こんな場合に有効な方法についてまとめてみましたので、参考にしてください!

PR

言い方のきつい人の特徴

性格もきつい?

性格もきつい?

言い方がきついと性格もきついように思われてしまいます。本当はそういうつもりではないのに、言葉の選び方が厳しすぎたり、言い方があまりにもきついため、性格自体もきつい人なのでは、と思われるのは非常に損なことです。

人の性格や印象は外見だけでなく、話し方や言葉遣いなども大きく影響します。極力ソフトな印象を与えたい場合には、言い方を柔らかくしなければなりません。

がみがみした印象を与える?

がみがみした印象を与える?

言い方がきついとがみがみした印象を受けることがあります。

きつい言い方というのは、どことなく相手を責めているような印象も与えますので、相手はどうしても身構えてしまいます。相手との関係を穏やかに保つのに、きつい言い方はマイナスにはたらきます。

相手に要求しすぎている?

相手に要求しすぎている?

きつい言い方をしてしまうのは、相手にもっと多くのことを要求しているからに違いません。その代表的な例が母親の子供に対する態度です。おもちゃが片付けられない、成績が上がらない、言われたことをすぐやらないなど、子供は必ずしも大人の言うとおりには動きません。

このように相手にやる気がなかったり、出来なかったりすることに対して、イライラを募らせてしまうと、それがきつい言い方となって出てしまいます。

常に上からの視線でものを言う姿勢

常に上からの視線でものを言う

自分の立場のほうが上だと思い、相手の意見や感情を考慮しないと、きつい言い方になってしまいます。部下や年下など、たとえ相手の立場が下であっても、相手の意見や感情には最低限の敬意を払うようにしましょう。

ぎりぎりまで相手を追い詰めず、相手の言い分も聞いてみる心のゆとりのある人のほうが、大人物として尊敬されます。

考え方に柔軟性がない?

考え方に柔軟性がない?

自分が絶対に正しいという根拠のもとに話しをしていると、ついきつい言い方になってしまいます。物事を白か黒かに分ける癖のある方は、考え方がフレキシブルでなく、相手からすると一方的に考え方を押し付けられたと感じてしまいます。

もしかしたら自分の言い分のほうが間違っているかもしれない、と考えられる人は、自分の言い分と相手の言い分を聞き、必要であれば歩み寄る心のゆとりがありますが、客観的な視点で考えられない人は、相手に自分の意見を押し付けがちです。

言語表現能力が欠如している

言語表現能力が欠如している

言い方がきつくなってしまうもう一つの原因は、言葉で表現する際の能力が劣っていることにあります。同じことを言うにしても、表現一つでまったく違う印象を与えることが出来ます。相手にやってもらいたいことがある場合、命令口調で述べるのではなく、相手の都合や希望を考え合わせながらお願いしてみるという口調で話すと、相手の人から不快に思われる恐れがありません。

とくに家族や親しい友人など、親しい間柄にあると、自分の希望を相手にしてもらって当然という態度になりがち、この態度がきつい言い方となって表れてしまいます。

親しき仲にも礼儀あり、ということわざにあるように、自分にとって大切な人だからこそ、相手を尊重し、不愉快な思いをさせないようにしましょう。こうすることで相手も自分に気を遣ってくれるようになります。

相手を論理で負かせようとする人

相手を論理で負かせようとする人

たとえ正論を言っているとしても、すべての人がそのとおりに動けるとは限りません。論理だけをかざして、人の気持ちや意思を無視したものの言い方をすると、相手にはきつい言い方をしているととられてしまいます。

論理的に正しいことであっても、人間の心は時としてそれを認めません。また論理は単なる論理で、実態はそれとはまったく異なるという場合もあります。論理的な話し合いをしたいときには、相手や状況を見極めて行うようにしましょう。

きつい言い方を直す方法

断定形の言葉を出来るだけ使わない

断定形は出来るだけ使わない

以上のようにきつい言い方といってもいろいろあります。自分の言い方がきついのでは、と内心思っている方は、まずは語尾をなるべく断定形にせず、質問、提案、誘い、という形で相手に投げかけるようにしましょう。

頭の中で「早くあれ、持ってきて」という文が浮かんでも、そこは我慢。この文章では相手は命令されていると感じてしまいます。お願いしているという気持ちをそこはかとなく含めるようにすると、感じのよい話し方になります。

一方的に話さない

一方的に話さない

一方的に相手に自分の希望や言い分を伝えるのではなく、相手の言い分を聞くようにしましょう。

会話はあくまでも相手がいるからこそ成り立つもの、自分の言い分を聞いてもらうには相手の話を聞くことも重要と心得ましょう。一方的に自分ばかりが話しをしていると、上からものを言う人という評判が立ってしまいます。

ゆっくり会話することを心がける

ゆっくり会話する

早口で話す習慣のある方はこれを改めてみましょう。頭の回転の良し悪しは別にして、ゆっくり言葉を選びながら話すことが好きな人もいます。

相手に会話の糸口を与えないほどの早口で話していると、話の内容と速度についていけなくなる人もいます。話し方が早いといわれる人は、いつものスピードよりも二割程度ゆっくりめに話すようにしましょう。会話を楽しむというゆとりも必要です。

言葉をオブラートに包んでみる

オブラートに包んでみる

きつい言い方と捉えられるのは、物事をはっきりとストレートに伝え過ぎるせいかもしれません。

ごちゃごちゃと回りくどい言い方が嫌いな方もいますが、話しが分かりにくいのと、相手に不快な思いをさせるほどあからさまな言い方をするのとでは、根本的な違いがあります。

自分の短所をあまりにもストレートに指摘されると、素直に認めたくなくなるのが人情です。

言いにくいことをそのまま伝えられるというのもある意味才能ではありますが、それでは損をするのは目に見えています。オブラートにくるんで伝える技術も習得するようにしましょう。

相手を傷つけない言葉選び

相手を傷つけない

相手の感情や意思を無視するのは絶対にやめましょう。自分の気づかないところで敵を作るだけです。心無い言葉は時として刃物のように相手を傷つけます。

言った本人はすぐに忘れても、言われたほうはいつまでも記憶しているものです。自分が言われて嫌だなと思うことは、誰に対しても言わないようにしましょう。

まとめ

きつい言い方をする人の特徴と、どうしたらきつい言い方を直すかについてまとめてみました。言い方がきついと人間関係においてとかく損をしてしまいます。

正しいことを言っていても、言い方がきついというだけで、相手から不愉快な人と思われるのは残念なことです。人間関係を円滑に運ぶためには、きつい言い方をするのは得策ではありません。きつい言い方を改善することにより、人間関係が今よりもスムーズにいくはずです!

PR