あなたの周りに、周囲をドン引きさせてしまうような「下品な女」はいませんか?友人に下品な女がいると、一緒のように見られてしまいますし、恋人が下品な女だと、好みを疑われてしまいますよね。そんな下品な女と感じる人には、いくつかの共通点があります。

いち早く下品な女を察知し、回避することも重要です。また、さまざまな特徴から自分が下品な女とならないよう、注意しましょう。

意外と知らないうちに、自分にも下品な部分が隠されているかもしれません。このことからも、下品な女について詳しく掘り下げていきましょう。

PR

下品な女の特徴

下品な女の特徴

下品な女と言われるのは、さまざまな言動が関係しているからです。そこで、下品な女の特徴を詳しく見ていきましょう。

まずご紹介したいのが、食べ方が汚い下品な女です。食べ方はその人の育ちや気質を映し出すもの。肘をついてクチャクチャ音を立てて食べていたり、髪が食べ物やお皿についているのも構わずにいたり、箸の持ち方が汚かったりするのは、当然下品な女としてレッテルを貼られてしまいます。しかし、人によってはちょっとしたしぐさに下品さを感じることもあるようです。

例えば、女性なら忘れがちなグラスについた口紅。透明のグラスにグロスがたっぷりとついていると、食欲を無くすほどギョッとしてしまうものです。唇をつけたグラスは、そっと指で拭き取る習慣を身に着けておくと良いでしょう。

また、お箸の使い方においても刺し箸や迷い箸、舐め箸などに注意し、品よく使いこなせるよう、毎日努力すべきです。

タバコを吸う

タバコを吸う

下品な女をいち早くかぎ分ける方法として、身に着けておきたいのがタバコの吸い方です。下品な女ほど、たばこの吸い方に特徴が現れます。

テーブルに灰をこぼしていても気にしない。周囲に配慮することなく我が物顔でタバコを吸っている。途切れることなく次から次へとタバコを吸い続けている。空箱のタバコをぐしゃっと潰してテーブルのど真ん中に置きっぱなしにする。など散々な状況から下品な女と判断することができます。

ヘビースモーカーの人は、灰皿に口紅がついた吸い殻が集まっているだけでも、下品に見えることを覚えておきましょう。

言葉遣いが悪い

言葉遣いが悪い

下品な女ほど、言葉遣いが下品です。ボキャブラリーに乏しく、意味不明な文章で気持ちだけを表現しようとします。例えば、美味しい料理を食べたときでも、「これマジヤバくない?」しか言いません。「あいつキモいんだけど」「不細工すぎて笑えない?」など人をバカにしたような発言も下品さに繋がります。

また女性なのに可愛げのない下品な下ネタばかり連発していると、男性からすれば相当ドン引きされてしまうでしょう。下ネタを極端に嫌うと「カマトトぶっている」と敬遠されますが、だからと言って下品な下ネタを言えば好感をもたれるというわけではありません。

下品な下ネタで周囲をドン引きさせていることに気づけないのは、かなりイタイ女でもあると言えるでしょう。

笑い方が汚い 下品

笑い方が汚い

下品な女は、笑い方も下品です。ギャハハハハ!と大きな口をあけて豪快に笑ったり、パチパチと手を叩いてゲラゲラ笑ったりするような仕草は、いただけません。

男性は、女性の笑い方で好感を持つのは、控えめに微笑む程度のレベルです。大口を開けておじさんのように笑う姿に女性らしさを感じることはないでしょう。

よく笑う女性は好かれますが、あくまで笑い方が上品なケースです。笑い方そのものが下品だと、一気に相手をドン引きさせてしまいますので、注意するようにしましょう。

清潔感がない 汚い

清潔感がない

下品な女は、清潔感の欠片も持ち合わせていません。白い服を着ているのにシミをそのままにしていたり、手入れのしていないバサバサの髪を放置していたり、ネイルが剥げた爪でメイクをしていたり、歯につまった汚れに気づかなかったりします。

清潔感がないと、汚い下品な女としてレッテルを貼られてしまうでしょう。特にネイルや髪は女性らしさの象徴でもあるため、男性も細かくチェックしているものです。

そこに清潔感の欠片も感じることができないようなら、オシャレをどんなにがんばっていても下品な女から抜け出せなくなるでしょう。

立ち振る舞いが雑

立ち振る舞いが雑

下品な女は、立ち振る舞いも雑なことが多々あります。コップを置くときにはドン!と勢いよくテーブルに音を立て、座るときはスカートなのに股を閉じようとしません。

またヒールの高い靴を履いているのにがに股で歩いたり、スマホの着信を見るときも、ちょっと確認して投げ捨てるようにカバンの中にしまったりします。

どんなに完璧な容姿を持っていたとしても、ちょっとした立ち振る舞いに雑さが目立つと、育ちの悪い下品な女に成り下がってしまうでしょう。好感度の高い女性ほど、さまざまな立ち振る舞いに美しさが際立ちます。しかしそれができない人は、下品な女としてか見られないことを覚えておきましょう。

メイクがひどい

メイクがひどい

下品な女ほど、メイクに凝っていることが多くみられます。しかし、メイクの美しさをキープしようという気持ちはかけていることがほとんどです。ボリュームたっぷりのつけまつげに、マスカラを乗せているのに、ずれていたり、ダマになっていたりすることに気づきません。

また、厚いファンデーションがヨレていたり、テカっていたりすることも気にしません。食事中にとれた口紅を塗りなおさないのも下品さに繋がるようです。

メイクは重ねれば重ねるほど、崩れ方が汚くなるもの。だからこそ良い状態をキープするためにはこまめなケアが必要ですが、下品な女ほどそれを無頓着に放置してしまうのです。

どんなに顔立ちが綺麗な人でも、メイクが汚ければ下品な女としてしか見られません。素材の良さを落とすことがないよう、注意するようにしましょう。

ニオイがきつい

ニオイがきつい

下品な女ほど、ニオイに無頓着です。例えば口臭においても歯のケアをきちんとしてないため、黄ばんだままの歯でも気にしませんし、歯磨きを怠って口臭が発生することもあります。

また、良いニオイを漂わせたいと香水をつけるときも、過剰につけてしまうため、きついニオイをあたりにばら撒いてしまうのです。

香水は、つけている本人にとっては自覚しにくいため、つけすぎに注意するようにしましょう。

ニオイはデリケートな問題のため、同性であっても注意されることがほとんどありません。だからこそ、細心の注意を払って気を付けておくべきです。

相手を見た目で判断

相手を見た目で判断

下品な女ほど、相手を見た目で判断しようとします。イケメンかどうかはもちろん、収入や職業でコロッと態度を変えることも多いようです。

お金にがめつい人ほど、下品な女に見られるもの。今まで適当な相槌を打っていたのに、医者と聞いたとたん甘い声で絡んで態度を一変するような人ほど、信用できないものです。相手を見た目で判断する人ほど、自分を客観視できていないものです。

見た目は普通でも、このように見た目で判断するような中身を持っていれば、あっという間に下品な女に見られることを覚えておきましょう。

まとめ

このように、下品な女について幅広くご紹介しました。下品な女についての特徴を知ることで、自分に照らし合わせていきましょう。下品さは、ちょっとしたことで相手が感じてしまうものです。

相手の立場になって自分を客観視することができれば、下品な女に見られることは無くなるでしょう。下品な女をいち早く見抜き、そして下品な女にならないためにも、これらの情報を参考にしてくださいね。

PR