学生時代に別れを告げ、希望に満ちて社会人としての一歩を踏み出したものの、社会にはいまだ根強い学歴偏重主義がはびこっていることに気が付かされた。社会人一年目にこのような感慨を抱いた人はきっと大勢いるはずです。

日本は学歴社会だといわれることもありますが、その一方で大卒でないにも関わらず、起業家として非常に成功している人もいます。反対に高学歴の持ち主であってもなんらかの事情により、自分の知識や技能を活かせる職場を見つけられず、アルバイトとして従事していることもあります。

学歴コンプレックスを抱いたまま生きていくのは不自由です。一度きりの貴重な人生、自分で作った囲いの中で不自由に生きるのはやめ、自分の持つ可能性を最大限活かすようにしましょう。

PR

自分に与えられた課題はきちんとこなす

自分に与えられた課題はきちんとこなす

職場で同期の同僚との学歴の差に悩むのは不毛です。いったん就職した以上、職場で問題にされるのは本人のやる気と職務内容の優劣さだけ、と言い聞かせてみましょう。同期の社員同士を単に大学名の違いや最終学歴だけで差別する会社があるとしたら、問題があるのはむしろその会社のほうだといえます。

出身校が一流ではないことに引け目を感じても仕方ありません。学歴の差に気持ちを奪われてしまい、職場で思うように活躍できないことこそ、学歴重視の雰囲気を助長させる原因の一つになります。

学歴の高低がそのまま仕事の質につながっているといわれないためにも、与えられた職務や課題はきちんと行うことを心がけましょう。

自分の得意なことを追求する

自分の得意なことを追求する

社会の中で肯定的に評価されるのは何も高学歴だけではありません。職場での業務、趣味や活動など、どんなことを行うにしても、自分の得意なことをどんどん伸ばしていくようにしましょう。このことに関しては誰にも負けないという技能や業を持っているだけで、自分に対する自信がつきます。

学歴の低いことをカバーするためと考えるのではなく、自分がすでにもっている特性をさらにアップする、とポジティブに考えるくせをつけましょう。

資格や検定取得に挑戦する

資格や検定取得に挑戦する

資格や検定を取得し、周囲の人に差を付けようと考えるのは決して姑息なことではありません。何か得意なことや好きなことがある場合は、ぜひ資格や検定取得という具体的な形に表してみましょう。

目標を掲げ、それに向かって努力をしているとそれだけで毎日が充実し、充足感を得ることが出来ます。達成すべき目標は毎日を過ごす上での糧になり、学歴の差といった瑣事に構う余裕もなくなります。資格を取得した、検定に合格したという達成感が得られる上、目標に向かって頑張っている姿は周囲の人にも好感を与えます。IT系であればオンライン検定も便利です。

思い切って大学入試に挑戦する

思い切って大学入試に挑戦する

事情があり大学には行かなかったものの、その後も大学進学の夢を諦められないのであれば、思い切って大学入試に挑戦してみましょう。社会人の大学受験は以前の比べて格段に増加しています。それにつれ社会人が大学受験を志すのに必要な知識や情報が手軽に入るようになってきましたので、心機一転して大学進学を目指すことにより、正面から学歴コンプレックスを跳ね除ける正攻法もやりがいがあります。

一度社会人として働いたあと、再度大学受験に挑戦することには大きなメリットがあります。ただなんとなくみんなが行くからと大学進学を志望するのと違い、明確な目的と強固な意思を持ち、大学入試に挑むことになり、学ぶということに対しより真摯な姿勢で臨むことが出来ます。

現在ではオンラインで学べるオンライン上の大学も多数設立されていますので、自分の経済状況や都合に合わせて、もっとも適したものを選ぶようにしましょう。

学歴を言い訳にしないようにする

何かしらうまく行かないことがあると、その原因を自らの学歴の低さにせいにするのはやめましょう。学歴を自分の都合により、言い訳にしたり安全弁にするのは、自らの価値を下げるだけです。

自分の人生を学歴により総括しても意味がありません。実際に世界的な起業家といわれる人たちの中には、大学中退という人もたくさんいます。人生において成功するかどうかは、結局のところ自らの志と意欲次第といえるのではないでしょうか。

学歴コンプレックスを抱えて生きていると、自分だけでなく家族や恋人など周りにいる人をもうんざりさせかねません。学歴に対して優越感を抱くのは愚かなことですが、ぐずぐすと劣等感を抱き続けるのも不毛です。

職業・世代を超えた交流を持つ

職業・世代を超えた交流を持つ

職場と家庭、そして友人だけという狭い世界に生きていると、否が応でも学歴や職歴、収入といったことに気を取られがちになります。仕事や家庭での責任ある立場はきちんと果たしながら、他方でその枠から踏み出したネットワークを持つようにしてみると、新たな世界が開けてきます。

趣味や興味のある事柄を通じて知り合った人々との交流を大切する中で、自分の意義を再確認する。職業、年齢、地域を越えた交流を持つことは、現代社会を生きる上での重要なポイントです。これにより、学歴や職歴とは根本的に異なる価値観を見出すことが可能になります。このような外に外に広がっていく交流に意義を感じるようになると、学歴にこだわりたいなどという狭量な気持ちが払拭されます。

職場での学歴と実績

職場での学歴と実績

根拠ない劣等感を持つのはやめましょう。学歴はその人のすべてを表しているわけではありません。社会人の場合、その人の存在意義が問われるのは学歴ではなく、むしろ業務上の実績やスキルであることをよく理解しましょう。

職場で必要以上に自分が高学歴であることをアピールする人がいるとします。この場合、この人は自分の職務上の能力や実績について劣等感を感じている可能性があります。なぜならば職場で評価されるのは実績や業務上の能力であり、いくら高学歴でも実績を上げられない人が成功することはありません。

学歴と職務上の能力はまったく別物、学歴の高低について考えわずらう前にやるべきことは、業績やスキルを上げ、職場で高く評価されるように頑張ることです。

メンタルな部分を鍛える

メンタルな部分を鍛える

性格や行動と違い、学歴は今現在どのように頑張っても自分では変えることが出来ません。自分の努力次第で変えることの出来るものであれば、それを変えるのがもっとも効果的な対処法ですが、頑張っても変えられないものに関しては、それに対する自分自身の態度を変えるしかありません。

学歴コンプレックとはそもそも、他人からどう思われるというよりも、自分の学歴の低さに自分自身が劣等感を感じてしまうことから生じます。学歴コンプレックスを解消するための特効薬は、自分自身の態度を変えること、精神面から鍛えることから始めましょう。

劣等感に押しつぶされないようにするためには、他人と自分を比較しないことが重要です。自分は自分、人は人と割り切った考え方が出来るような精神構造を目指しましょう。自分という存在のあり方、生き方に満足することが出来てはじめて、ありのままの自分を受け入れることが出来るようになります。

まとめ

人に会うとその人の学歴について尋ねたくなる人は、まずこのくせから直しましょう。人の学歴を知っても自分の学歴コンプレックスは解決されません。

学歴コンプレックスを抱えて生きるのは非常に不自由なもの。自分よりも高学歴の人に対して常に引け目を感じて卑屈な態度を取っていると、自分のことが嫌になるものです。学歴コンプレックスを跳ね除けるには、自分に自信を持つしかありません。特技やスキルをさらに向上させ、内面を充実させることにより、学歴以外の事柄で勝負できる人間になれるはずです。

PR