いつ誘っても参加してくれる。どんなに急な仕事でもちゃんとフォローしてくれる。そんなフットワークの軽い人っていますよね。フットワークの軽い人の周りには、いつもたくさんの人たちが集まっています。

それは、フットワークが軽いことで、自然と人が集まってくるからです。自分のそんな人になりたいと思ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。

フットワークが軽いということは、どんなことなのか。そして魅力的な人になるために欠かせないフットワークの軽さにはどんな秘訣があるのか。さまざまな角度から解き明かしていきましょう。

PR

フットワークが軽いとは

フットワークが軽いというのは、具体的にどのようなことを指すのでしょうか。全体的な共通点から言えば、フットワークが軽いということは、その人に行動力があるということです。

どんなことにもすぐに対応してくれるスピードの速さも関係していると言えるでしょう。

具体的な行動は

具体的な行動

フットワークが軽い人というのは、具体的にどのような行動をしているのでしょうか。

例えば、街でばったり会った友人がいて、その人から今夜みんなで集まらないかと連絡があったとします。

そんな時、フットワークが軽い人はすぐにOKと返事を出すでしょう。しかし、腰が重い人はすぐに返事をしませんし、「急だから」と断りがちです。結果的に、フットワークが軽いは誘われる頻度が増え、人気者になりやすいと言えるでしょう。

なんでもすぐに実行

なんでもすぐに実行

フットワークが軽い人は、日常においてもキビキビと行動に移しています。例えば「台所の掃除をしなければ」と思ったらすぐに実行しようとします。「車を洗車しに行かなきゃ」と気づいたら、すぐにガソリンスタンドへ直行するのです。思ったことはすぐに行動に移すため、やらなければならないことが溜まることがありません。

ムダに溜めているものがないので、今やるべきことにすぐに向き合うことができます。フットワークが軽い人は、すぐに行動できる環境を常に作っている人でもあるのです。

仕事もできる人が多い

仕事もできる人

フットワークが軽い人は、仕事においても信頼されていることが多くあります。それは、今やるべきことに集中できるよう、いつも仕事を管理できているからです。何を優先すべきか、どれを処理しておくべきかを瞬時に判断することができるため、急な仕事を任されても迅速に対応することができます。

結果的に仕事のスキルは上昇し、任される仕事も増えていくため、キャリアもどんどん積み重ねていくことができるのです。

知らない事でも飛び込む勇気がある

知らない事でも飛び込む勇気

フットワークが軽い人は、知らない事でもチャレンジしようとする勇気を持っています。例えば、新しいプロジェクトに参加するように言われても、物怖じすることなくチャレンジすることができるのです。これは、何も自信過剰だからそのように行動できるというわけではありません。

フットワークが軽い人は、失敗することを恐れていないと言っても良いでしょう。フットワークが軽い人は、さまざまな経験を積んでいる人が多いため、失敗を教訓にできる術を備えています。だからこそ、新しいことへチャレンジ知ることに躊躇することがないのです。

また、フットワークが軽い人は、失敗しても立ち止まろうとせず、常に改善点を求めて前へと進んで行きます。この要素もチャレンジする勇気に繋がっていると言えるでしょう。

考えるよりもまず行動できる

考えるよりもまず行動

フットワークが軽い人は、考えるよりもまず行動することがほとんどです。例えば、急に飲み会に誘われたとしても、まずは参加してみるのです。どんな人がいるのか、何人いるのか、どのお店かといったことを考えないため、余計な心配や準備をする必要がありません。損得や都合に左右されないからこそ、すぐに行動することができるのです。

また、知らない人がいても飛び込めるのは、フットワークが軽い人の特徴とも言えます。フットワークが軽い人は、さまざまな人と頻繁に会っているため、初対面の人と会うことに抵抗がないからです。人見知りしないことから、フットワークが軽い人は、どんどん人脈を広げていくことができるので、チャンスをつかみやすくなると言えるでしょう。

フットワークが軽い人になるには

フットワークが軽い人になる

フットワークが軽い人は、人脈が豊かで、仕事もバリバリできるため、あんな人になりたいと思う人も多いのではないでしょうか。では、どのようなことに気を付ければ、フットワークが軽い人に近づくことができるのでしょう。

まずすべきことは、YESと言う習慣を身に着けるということです。何にでもとりあえずYESと答えるようにすれば、自然とフットワークを軽くしていくことができます。これは参加すべきか、参加せざるべきかと考える前にYESと答えることで、行動からスタートするというスイッチに切り替えることができます。

そして、実際に参加することで本当に参加すべきだったかどうかを知ることができるでしょう。参加しなければそれが本当に意味でYESだったのか、NOだったのかわかることはできません。

しかし最初のうちは行動に移すということを習慣化させることがメインですから、まずはYESを身に着けることを優先させてください。

自分の範囲を決めない

自分の範囲を決めない

フットワークが軽い人になるためには、自分のことを100%知っていると思わないことが重要です。自分の範囲を決めてしまうと、自分はこんな人だと決めつけてしまう可能性があるからです。

人は、人と会うことでさまざまな部分が刺激され、変化していくもの。だからこそ、人と積極的に会うことで知らない自分を開拓することができるのです。自分はこうだからと決めつけてしまうと、せっかく新しい人と出会っても刺激を十分受け入れることはできません。

自分の範囲を決めない事、そして新しいものを吸収したいという気持ちを大切にするためにも、自分は自分の一部しか知らないことを認識しておきましょう。

失敗も財産になると考える

失敗も財産に

フットワークが軽い人を志していると、時に失敗してしまったと感じることもあるでしょう。とりあえず参加してみたものの、話が合う人が全く見つからず、ただ時間だけが過ぎて行ったという場合や、新しいプロジェクトに挑戦してミスをしてしまったという場合もあると思います。

しかし、失敗は行動しなければ味わうことができなかったものです。行動しなければ失敗すら学ぶことができなかったとポジティブに捉えるようにしましょう。

失敗を恐れず、糧にする術を身に着けることができれば、フットワークが軽さをキープすることが可能になります。

都合のいい人にならない

都合のいい人にならない

フットワークが軽い人を目指していると、周りから都合のいい人に扱われてしまうこともあるでしょう。合コンの人数合わせに呼ばれるようになったり、仕事を無理やり押し付けられたりすることもあると思います。明らかに相手が利用していると感じたときは、無理をして応じる必要はありません。

フットワークを軽くして、さまざまな人と接しているうちに相手の本質も見えてきますから、自分がNOだと感じた人には接する必要はないからです。さまざまな人と接し成長することで、自然と付き合うべき人も見えてくるでしょう。

まとめ

フットワークが軽い人についてさまざまな角度からご紹介しました。今まで頭で考えて行動しなかったという方は、これらのポイントを是非参考になさってみてください。

そしてフットワークが軽い人に成長し、視野をどんどん広げていきましょう!

PR