あなたは、約束をドタキャンされたという経験はありませんか?ドタキャンされると予定が一気に狂いますし、急に暇になってつまらない一日を過ごすことになってしまいますよね。

しかし、ドタキャンする側の言い訳も、ある視点から見ると違った要素を汲み取ることができます。ドタキャンの言い訳にはどのような言葉があるのか、またドタキャンの言い訳によって見えてくる本音など、幅広くご紹介していきましょう。

PR

ドタキャンの心理

ドタキャンの心理

ドタキャンする人は、約束したときはデートをしてもいいかなという気持ちになっているものの、直前になってデートに行きたくなくなることから、ドタキャンすることが多いようです。

本当に急な用事が入ってドタキャンしてしまう場合もありますが、多くのケースでデートに何らかの原因で行きたくなくなってしまったことから、断ろうとしてしまいます。

つまりドタキャンの心理は「今、デートする気がない」という意思表示でもあるのです。ただ、気まぐれでデートをしたくないという場合もあれば、もう二度と約束はしたくないという場合まで、さまざまなケースがあります。そこで、ドタキャンする理由別にどんな心理が隠されているのか見ていきましょう。

ドタキャンとは

ドタキャンとは

ドタキャンとは、約束した日の前日に予定をキャンセルしたり、当日にキャンセルしたりする行為のことを言います。ドタキャンする理由としては、本当に急な用事が入ったということもあれば、嘘をついて言い訳しているということもあります。

ドタキャンの言い訳が本当かどうかは、本人しかわからないことですが、ドタキャンされたことに違いはありません。まずはどんなドタキャンの言い訳やドタキャンする心理があるのか、見ていきましょう。

体調不良によるドタキャン

体調不良によるドタキャン

ドタキャンの言い訳として非常に多いのが、体調不良によるドタキャンです。「急に熱が出て・・」「風邪ひいたみたい」「頭が痛くて動けない」「お腹が痛くて家を出られない」「風邪を引いたみたいだからうつすと悪いなどさまざまあります。そして、「明日(今日)は無理だからまたね」とドタキャンするのです。

本当に体調不良になっている場合は、仕方がありませんが、ドタキャンの言い訳として使われることが多いため、このフレーズを使うと「めんどくさいんだろうな」と思われる可能性もあります。

このような体調不良をドタキャンの言い訳にする人を違う視点から見ると、かまってほしがりな一面があると言えるでしょう。

特に、「熱っぽくて風邪かも」というような、曖昧な表現を取る人は、「大丈夫?」と相手に心配してほしいという要求の強い人です。いつもドタキャンの言い訳に体調不良を用いる人は、甘えすぎる傾向が強いと言えるでしょう。

また体調不良という繊細な一面を見せながらもキッパリと断る様は、か弱いタイプに見えて我が強いタイプと言えるでしょう。約束したときはいい顔をするためにOKするものの、結局嫌われない体調不良の理由を掲げてアッサリ断ってしまうのです。

さらに効果的な言い訳

改善点として、具体的な要素をプラスすると良いでしょう。

「昨日から何度の熱が出ていて、朝一番に医者に行ったら風邪だった」「微熱だから大したことはないけど、移したらよくないから別日にしない?」「〇〇駅まで来てるけど、どうしてもお腹が痛くて。親に迎えに来てもらって今家に着いたところ」とエピソードを加えましょう。

ただ体調が悪いと伝えるより、より具体的に相手に伝えることができます。

身内の不幸によるドタキャン

身内の不幸によるドタキャン

ドタキャンの言い訳として「親戚に不幸があって」と表現することがあります。人の生死はコントロールできるものではありませんから、ドタキャンされた方としても強く責めることはできません。

しかし別の視点からこのような発言をする人を見ると、自己憐憫の強い人と言えるでしょう。身内の不幸があるということは、私は辛い状況にある、優しく接してねということの表れです。

また、責めることができない理由ということもポイントと言えるでしょう。

家族の体調不良によるドタキャン

家族の体調不良によるドタキャン

「親戚に不幸があって」と同じように使われるフレーズとして、「子供が熱を出して」「妹が風邪ひいて」「急に実家から母親が出てくることになったからいけない」「急に祖母の家に行くことになったから」というものがあります。一見、同じように思いますが、違う視点から見ると少し違います。

家族の体調不良をドタキャンの言い訳にする人は、身内に甘えっぱなしの傾向が強いと言えるでしょう。

また、「家族のことを思いやる優しい人」だとアピールしたい心理も隠されています。

何でも家族に解決しようという気持ちが根底にあるためです。ドタキャンの言い訳を家族にしてしまう人は、自立心が低く幼い人と言えるでしょう。

急な仕事によるドタキャン

急な仕事によるドタキャン

体調不良系以外の言い訳として多いものに、「急な仕事が入って」「バイトの代わりを頼まれて」「急に取引先との打ち合わせが入った」「残業がまだ終わりそうにないから行けない」「どうしてもシフトを交換してほしいと言われて」というように、仕事を盾にドタキャンしてくる場合があります。

仕事なら仕方がないと考えがちですが、違う視点から見ると別の要素が浮かび上がってきます。急な仕事が入り、忙しくて仕方がないという言い訳をする人ほど、忙しくて仕事をする自分が大好きです。

周りからそう思ってほしい気持ちが強いため、ドタキャンの言い訳にそのようなフレーズを使ってしまうのです。しかし、本当に仕事ができる人は、急な仕事が入ってあわててドタキャンすることは無いのです。結果的に、自分の能力に酔いしれがちなナルシストの一面があると言えるでしょう。

さらに効果的な言い訳

改善点として、妥協案も交えてみましょう。例えば、「急な仕事が入って23時くらいまでかかりそう。それまでに終わるかもわからないけど、さすがにその時間は難しいよね?」と伝えることで、こちらには会いに行く気持ちがあるということが表現できます。

また、23時なら終電まで1時間もないくらいなので、予定をキャンセルしやすくなるでしょう。さらに、相手がぎりぎりまで調整しようとしてくれたと、好印象を与えることもできます。

ただし、あまりこのような仕事によるドタキャンが増えると、ただ「仕事ができない人」と思われてしまうリスクもあります。どうしても仕事が忙しい人なら仕方がありませんが、言い訳としてこの理由を使う場合、無能な人と勘違いされないようにしましょう。

場所間違えによるドタキャン

場所間違えによるドタキャン

ドタキャンの言い訳として、うっかりミスも良く利用されます。「〇〇にいるけど、何時くらいになりそう?」とあたかもこちらが間違っているような連絡をしてきます。

待ち合わせ場所を間違っていることを指摘すると、「え?そうなの?こっから行くと時間がかかるから、今日は無理かも」とドタキャンしてくるのです。

このような言い訳をする人の場合、違う視点から見ると何でも人のせいにしてしまう傾向があると言えます。待ち合わせ場所をあえて違う場所だということで、相手に疑問を抱かせ、誰のせいかということをうやむやにしてしまうのです。

自分で責任を取りたくない、自分で解決できない人ほど、このような言い訳をしてしまうことが多いでしょう。

日時間違えによるドタキャン

場所間違えによるドタキャン

ドタキャンの言い訳として、使われるうっかりミスは、場所だけに限るわけではありません。日時のうっかりミスも、ドタキャンの言い訳に多用されます。

「明日、どのお店で食べようか?」という連絡を待ち合わせ当日に送り、相手から「約束は今日だよ!?」という指摘に「え!明日だと思ってた!ゴメン予定があるから無理」とあっさり断ってしまいます。

このタイプの人を、違う視点から見ると、歳を取りたくないと思っていたり、若返りたいと思っていたりする傾向が強いと言えるでしょう。

日時が曖昧になる言い訳をする人ほど、時間に影響されたくないという意識が根底にあるからです。過去の思い出を大切にしすぎていたりすることもあります。

さらに効果的な言い訳

ドタキャンしたい、けどできるだけ自分のせいにしたくない。そのようなちょっとずるい言い訳で使いやすいのが、日時や場所を間違えたことを理由にするドタキャンです。

約束の当日に、「明日の〇〇に行く予定だったけど、〇〇に行かない?」と連絡することで、日時を間違えていたということを理由にすることができます。

お互いに勘違いしていたから仕方がないとなるため、ドタキャンしても相手から責められることが少ないため、悪者になりたくないという方にオススメです。

ただし、本当にうっかりミスしてしまうならまだしも、当日に日時の連絡ミスを伝えるのは相手に大きな迷惑をかけるもの。最終手段として使うことをオススメします。

金欠によるドタキャン

金欠によるドタキャン

ドタキャンの言い訳として、財政難を言い訳にする人もいます。「給料日前でピンチだから明日無理」「お財布落としてお金がないから」「次のバイト代まで金欠だから無理」「ギャンブルでお金が無くなってデートできない」など、金欠により会うことができないと言い訳してくるのです。

このようなタイプの場合、違う視点から見ると損得勘定で人と付き合っているということがわかるでしょう。もし金欠を言い訳にドタキャンを告げた場合、相手がどのような反応をしてくるのか、伺っているからです。

相手から「おごろうか?」と言われることを待っている可能性もあります

お金がないと断ることで、相手から「じゃあ自分が払うよ」という言葉を引き出そうという心理も隠されています。結果的に、お金さえかからなければ大丈夫だと考えるところがあります。

このようなタイプの人は、金銭感覚がルーズなことが多いため、デートの度に奢らされたり、今月ピンチだからとお金を貸してしまったりすることが多くなるため、避けておくべきだと言えるでしょう。

物を無くしたことによるドタキャン

物を無くしたことによるドタキャン

ドタキャンの言い訳として、「財布を落としたから」「ケータイを無くしたから」「鍵を無くしたから今日はいけない」「財布を無くして今探してもらっているから、明日はパス」など、物を無くしたことによる言い訳を使う場合があります。

よくあるフレーズですが、注目したいのが「鍵を無くした」という言い訳です。一見、同じように物を無くした人のように思いますが、「鍵」には心を開くキーという意味が含まれています。

鍵を無くしたから会えないというのは、「あなたに心を開くことができない」という意味なのです。ドタキャンの言い訳が、変化していかず、いつも鍵を無くしたり、忘れたりしたことを言い訳にするようなら、おそらく次の約束でも会うつもりはないと考えた方が良いでしょう。

さらに効果的な言い訳

ドタキャンに使える物としては、お財布やケータイ電話、定期や免許証などがオススメです。手元にないと困るものだからこそ、緊急性を要します。

しかしこれも、ただ「お財布無くしたから会えない」では相手に伝わりません。具体的に説明するように改善していきましょう。

例えば「今、お財布を無くして〇〇交番から連絡待ちの状態。連絡が来るまで動けない」と伝えることで、リアルな状況を伝えることができます。また、「ポケットのお財布が見当たらなくて、実家かもしれない。取りに行かなきゃいけないから明日はゴメン」と伝えるのも良いでしょう。

落し物や無くし物を理由にドタキャンする場合、今後もきちんとお付き合いをしていく関係なら、見つかったという報告も忘れないようにしましょう。

理由もなくドタキャン

理由もなくドタキャン

ドタキャンする人の中には、理由を全く言わずにただ行けない事だけを伝えてくる人もいます。「明日無理になった。ゴメン」「今日は参加できないからヨロシク」など、理由をあれこれ述べずにただ欠席の旨を伝えてきます。理由もなくドタキャンするタイプの人は、2つの心理が影響していると考えられるでしょう。

ひとつは、切羽詰まった状態で理由を述べる余裕がないという場合、あれこれ理由を付け加えている暇はありません。

また、精神的に追い詰められている場合も、理由を述べないことが多いでしょう。そしてもうひとつのタイプは、そもそも約束を重要視していないタイプの人です。

約束を軽視しているため、特に理由を述べなくても構わないと思っています。このタイプは、連続してドタキャンする可能性があると言えるでしょう。

今後の関係性を重視する

今後の関係性を重視

ドタキャンの理由は、状況によりさまざまです。本当にドタキャンしなければならない状況にある人もいれば、さまざまな理由を盾にドタキャンしたいという人もいるでしょう。

ただ、ドタキャンする相手と今後も仲良くお付き合いしていきたいと考えるなら、きちんとした対処や心配りを欠かさないようにすることが大切です。

次に会う気があるのなら、ドタキャンしたことを詫び、「〇〇日はどう?今度お詫びするね」と次の誘いをしておきましょう。

今後会う必要がないと考えている人なら、そのようなアプローチは不必要かもしれませんが、今後も会う可能性があるのなら、ドタキャンしてしまったことはきちんと詫びるべきです。

ドタキャンが癖にならないように

癖にならないように

ドタキャンしてしまう人の場合、何度も繰り返してしまうなど常習犯になりやすい傾向があります。それは、相手がドタキャンを許してくれる状況にあるからです。

相手が寛容だとどんどんルーズな面が強調されてくるので注意するようにしましょう。

そのうち、「あいつはドタキャンするから誘わないでおこう」と集まるメンバーから外されてしまう可能性があります。ドタキャンはあくまでやむを得ないときに限定し、キャンセルする場合は早めに連絡することが常識と覚えておきましょう。

まとめ

このように、ドタキャンの言い訳のフレーズや改善点、違った視点から見る心理についてご紹介しました。自分がドタキャンを浴してしまうという方は、ドキリとした部分もあったのではないでしょうか?

ドタキャンしてしまう理由には、人それぞれ事情がありますし、本当にそのような状況にある場合もあります。ただ、言い訳としてドタキャンする人の場合、以上のようなフレーズを用いると、違う心理が隠されていることを覚えておきましょう。

PR